Pinned toot

お知らせ。noteにて【読書備忘録】を更新しました
10冊の図書をひたすら推薦するシリーズ。21回目は『万象から無分別まで』と題し、例によって500字前後の短評を添えてご紹介します。順番は読了順です。

note.mu/komugiteki/n/ndce43e36

Pinned toot

昭和生まれの物書きです。小説や書評を書いております。webの世界ではnoteを軸に活動。掌編小説の共著は3冊。詳細はnoteにて。
note.mu/komugiteki/n/n798260dc

Pinned toot

noteで公開している掌編小説、短編小説、読書備忘録、雑記は下記のリストにまとめております。
note.mu/komugiteki/n/n0fc7d057

Pinned toot

不定期的に呟いている【読書備忘録】は清書後noteで公開しております。こちらでは版元へのリンクを張っているので、詳細を確認することもできます。
note.mu/komugiteki/m/meb90b01e

Pinned toot

本日よりmstdn.clubからmstdn.jpに拠点を移します。当方おもに独り言(ぼやき)を述べており、ハッシュタグ使用時は公開設定に切り替えております。また、融通の利かない性質故エアリプライやチャット感覚での会話には対応できませんのでご了承ください。ブーストは作品や宣伝を対象におこないます。

自室の電気スタンドが限界っぽい。かれこれ20年以上愛用しているので、タッチセンサーの反応は鈍くなり傘は触れるだけで欠けるほど脆くなった。今の状態はどう表現したらよいものか。傘の残骸が電球の下方にお辞儀しており、廃墟にでも放置されていそうな風貌を晒している。画像を添付することも考えたが、損壊の度合いと積年の汚れが酷すぎて断念。

マカロニウエスタンとホラーを足したような小説です。Banjoeヘール・ヤッターレ!さん
@Banjoe1971にトップ画像を作っていただきました。
拷問人の息子 El hijo del torturadorシリーズ あらすじ Sinopsis|Morihiro Matsushiro @m_m1941|note(ノート) note.mu/mm1941/n/nd9598c5f4b0a

掌編小説『骨と影』500PV到達。
閲覧・拡散ありがとうございます。友人たちと海水浴に出かけた「ぼく」は岩場で奇妙な骨を拾います。この骨、何やら人を惹き付けるものがあります。蒸し暑い夜に適した怖いお話をどうぞ。
note.mu/komugiteki/n/n3161759a

マカロニウエスタンとホラーを足したような小説です。完結していますので、結末までお楽しみいただけます。

El expedición de hijo del torturador 辺境の聖女と拷問人の息子 第1章「それぞれの小部屋」|Morihiro Matsushiro @m_m1941|note(ノート) note.mu/mm1941/n/nc868c1c0a1c6

読書備忘録 7.14 

高校野球の地方大会は注目高校が順調に勝ち進んでいる。しかし、本命の東邦(愛知)が2回戦でコールド負けを喫したのは意外な展開。確かに不安要素は多かったが。ちなみに東邦の石川昂弥選手は今年のドラフト候補高校生一押し。

『艦これ』アンソロジーコミック横須賀鎮守府編第23巻の表紙絵。東西南北どこから見てもにゅむさんの筆触なので目次を確認したところ、にゅむさんのお名前を発見。雨音と湿気を感じる美しゅう情景なり。それにしても横須賀鎮守府編もう23巻目になるのか。
kadokawa.co.jp/product/3219030

掌編小説『骨と影』500PV到達。
閲覧・拡散ありがとうございます。友人たちと海水浴に出かけた「ぼく」は岩場で奇妙な骨を拾います。この骨、何やら人を惹き付けるものがあります。蒸し暑い夜に適した怖いお話をどうぞ。
note.mu/komugiteki/n/n3161759a

先日『たけしの挑戦状』のプレイ動画を視聴したのだが、ほぼ同時期に兄もおなじ動画を観たことが判明。話題にあがっていたわけではないし、おすすめされたわけでもない。けれどもうちの兄弟間ではこの手のよくわからないシンクロナイズが結構ある。

得意分野はライトなミリタリーからいわゆるサブカル、ボードゲーム、写真、映画関連です。そのほか、ゲーム内テキストも実績があります。

ネット媒体、紙媒体のいずれも随時、原稿依頼は大歓迎です。
お仕事募集ページ|Morihiro Matsushiro @m_m1941|note(ノート) note.mu/mm1941/n/nb7f1adb193fe

改めて宣伝を。6月22日に【読書備忘録】21回目を公開しました。
10冊の図書を選び、500字前後の短評を添えて推薦するシリーズ。画像リンクより版元の公式サイトに移動できます。例外的に版元ドットコムに繋げている場合もあります。

note.mu/komugiteki/n/ndce43e36

掌編小説『廃墟は見おろす』500PV到達。
閲覧・拡散ありがとうございます。廃墟好きが高じてよく作中に廃墟を登場させますが、この物語も閉鎖されたホテルの社員寮を舞台としております。無謀にもある廃墟同好会の新米が乗り込みます。
note.mu/komugiteki/n/n779b0ba6

掌編小説『曼珠沙華の置き土産』500PV突破。
閲覧・拡散ありがとうございます。彼岸花を始め複数の名を持つ花。真紅のすがたを暗闇で見ると、美しさの中に不思議な怖さを感じます。
note.mu/komugiteki/n/n86fb3e66

YOMIMONO.comで連載中の門賀美央子氏『文豪の死に様』は毎回楽しく拝読しているのだが、今回はツッコミが冴えに冴えていて特の面白かった。

>梶井基次郎――早世の青春作家はバカッターのはしり?! (前篇) | よみもの.com | 誠文堂新光社 43mono.com/series/writer/write

めも。ジョン・メトカーフ『死者の饗宴』(国書刊行会/若島正=監修,横山茂雄=監修・訳,北川依子=訳)2019年5月24日発売。20世紀英国怪奇文学の鬼才による、不安と恐怖と眩暈と狂気に彩られた怪異談・幽霊物語・超自然小説全8編を収録。
note.mu/komugiteki/n/na956a933

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.