ユニフォームの話をしていたらU18ベースボールワールドカップ日本代表選手が発表された。そして一覧を見て閉口した。投手陣はよい。問題は野手陣で、長距離砲は一人(あるいは二人)だし、内野手七人中六人が遊撃手だし、外野手に至っては二人しかいない。各選手は実力者だけれどバランスが悪い。去年のアジア選手権より酷い。どうしてこうなった。

自然色バット。黒色バッティンググローブ。ショートスタイル。これが理想型かな。今は千葉ロッテマリーンズのブランドン・レアード選手がこのスタイル。ただ胴体が膨らむ色合いなので、スタイルはスタイルでも体型という意味のスタイルも大事に(小声)。

ちなみにエルボーガードやレガースは付けていても問題ない。むしろ好きかも。

バットやバッティンググローブも重要。鍵は膨張色と収縮色のバランス。自然色は主張が強すぎず、それでいて軌道が見えやすいから好き。黒バットも好きだが、白グローブと相性が悪いので黒色で統一すれば違和感がなくなる。苦手なのはツートンカラー。ポッキーの愛称で親しまれているこのバット。私にとっては最悪の色合いなのだ。膨張色と収縮色の効果で「滅茶苦茶短いバット」に見えてしまう。

危機感を覚えるほどファッションに興味がないのに、ユニフォームの類にこだわりがあるのは何故だろう。
競馬の勝負服では基本的に首元から上腕にかけて色わけされていない方が好きだけれど、鋸歯形と一本輪・二本輪にはロマンを感じる。胴柄と袖柄のバランスが大事だね。人気のある袖縦縞は苦手。
野球のユニフォームではショートスタイル(体格次第でショートフィットスタイル)が好きでレギュラースタイルが続く。逆に足かけ式のストレートスタイルは趣味に合わず、中でもフレアスタイルは不格好に見えて馴染めない。

noteからお知らせがありました。
8月14日に公開した【読書備忘録】22回目『崩れゆく絆からロリア侯爵夫人の失踪まで』が先週の推薦図書紹介企画で、もっとも評価された記事の一つに選ばれました。読んでくださった方々にも、拡散してくださった方々にも感謝申しあげます。
note.mu/komugiteki/n/n9778365a

マカロニウエスタンとホラーを足したような小説です。Banjoeヘール・ヤッターレ!さん
@Banjoe1971にトップ画像を作っていただきました
拷問人の息子 El hijo del torturadorシリーズ あらすじ Sinopsis|Morihiro Matsushiro @m_m1941|note(ノート) note.mu/mm1941/n/nd9598c5f4b0a

noteからお知らせがありました。
8月14日に公開した【読書備忘録】22回目『崩れゆく絆からロリア侯爵夫人の失踪まで』が先週の推薦図書紹介企画で、もっとも評価された記事の一つに選ばれました。読んでくださった方々にも、拡散してくださった方々にも感謝申しあげます。
note.mu/komugiteki/n/n9778365a

東風に秋の気配を感じた昨日とは違い、今日は梅雨の再来を思わせる息苦しい陽気に。正午前の気温は低めながら、身体を蝕む湿気に音をあげて除湿機能に頼るなど。

@panorama_box 高熱は苦しいですよね。体力も消耗されているでしょうし、病院にいくのも重労働だと思います。1日も早いご快癒を願っております。

@kawaju 既存の艦娘では天津風さんの雰囲気に近いですね。アメリカ版天津風として「アメ津風」なる愛称も囁かれております。ただ、胸部装甲の厚さには大分差があるようでして。

@kawaju 「あ、あなた。あんまりじろじろ見ないでよねっ」という言葉が脳内再生されますね。露出度の高い水着を着て、恥ずかしさを隠し切れずにいるJohnstonさんの可愛さとエロさが心に染み入ります。

得意分野はライトなミリタリーからいわゆるサブカル、ボードゲーム、写真、映画関連です。そのほか、ゲーム内テキストも実績があります。

ネット媒体、紙媒体のいずれも随時、原稿依頼は大歓迎です。
お仕事募集ページ|Morihiro Matsushiro @m_m1941|note(ノート) note.mu/mm1941/n/nb7f1adb193fe

全国高校野球選手権大会開催中だけれど、その裏ではすでに1年生・2年生による新チームが秋季大会地区予選に出場している。実は高校野球の日程もぎゅうぎゅう詰めなのだ。

@ntk_519 緊迫感のある試合でしたね。先制されるも、スクイズを絡めた奇策と安定感のある攻守で逆転。改めて古豪の強さを見ました。1年生のフレッシュバッテリーも見事でした。

読書備忘録 8.17 

マカロニウエスタンとホラーを足したような小説です。完結していますので、結末までお楽しみいただけます。

El expedición de hijo del torturador 辺境の聖女と拷問人の息子 第1章「それぞれの小部屋」|Morihiro Matsushiro @m_m1941|note(ノート) note.mu/mm1941/n/nc868c1c0a1c6

@panorama_box 岡山県の創志学園には高校生BIG4の一人として注目を集める西純矢投手がいて、当初甲子園優勝候補にもあげられておりました。ところが地方大会で敗退するという波乱がありまして。岡山理大附などの古豪も破れ、金星をあげる格好で岡山学芸館が優勝したのですが、うーん、9年連続甲子園出場の強豪作新学院相手ではまだ厳しかったようですね。選手の皆さんには「お疲れさまでした」と声をおかけしたいです。

Twitterでも宣伝してきました。序文にも書きましたが、今回は再読した本が多めです。初読でグッとくる本、読み返すことでジワジワくる本。色々ありますね。
twitter.com/100KUTO/status/116

お知らせ。noteにて【読書備忘録】22回目を公開しました。
10冊の図書を推薦するシリーズ。今回は『崩れゆく絆からロリア侯爵夫人の失踪まで』と題し、500字前後の短評を添えてご紹介します。順番は読了順です。
note.mu/komugiteki/n/n9778365a

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.