固定されたトゥート

私の掌編「以心伝染」だと視点となるヒロインの所に元恋人の男性が自殺願望を伝える電話を掛けてくる。

ヒロハルさんの中編「真夜中の自殺コール」では視点となる男主人公の所に見知らぬ女性が自殺願望を伝える電話を掛けてくる。

性別が逆転させてありますし、電話を掛けてきた相手の正体に謎を残す結末等、私の掌編とは展開も異なる面が多いです。

「盗作」というよりは「インスパイア」に該当するケースですね。

しかし、ヒロハルさんは元の作者である私に無断であるばかりか、インスパイアされた旨も公表していない。

のみならず、私の指摘に対してまともに回答せず拒絶、自作自演の高評価レビューで隠蔽する行動に出ました。

以前、トラブルになった際には彼は随分と私の作品をバカにしていましたから、アイデアを拝借したなんて認めるのはプライドが許さなかったんでしょうね。

あまりにも姑息。

固定されたトゥート

拙作について
・「美人計(ツツモタセ)」と「錯過(すれちがい)」は映画「花の影」からのインスパイア・オマージュです。
→「美人計」のヒロインは「花の影」に登場する「天香通りの女」と同じく「夫は香港にいる人妻」を自称しています。が、映画の人物とは異なり実際には裏社会の一員。映画の人物は途中で自殺してしまうけれど、小説のヒロインは最後まで生き延びます。
→「錯過」のヒロインは「花の影」のヒロインと同じく旧家の娘で少女時代に婚約破棄されます。が、映画のヒロインが蘇州の家で暮らし続けるのに対し、小説のヒロインは北京の家まで失う形で上海に流れ、ダンサーとして生計を立てます。小説のヒロインの方がより不遇です。

・「ベルを鳴らすのは誰」はO.ヘンリー「魔女のパン」の二次創作ですが、O.ヘンリーの著作権は既に失効しています。

・「天鵝の裳(ころも)」は「羽衣天女」の改作ですが、これは昔話なので著作権は存在しません。

固定されたトゥート

この人、私がノベラボ放置気味で「以心伝染」も転載してないのを狙った風に「真夜中の自殺コール」をあそこに投稿してるんですよね。

他のサイトでもちょっと登録してはすぐやめるの繰り返してるけど、もしかして、盗用ネタを探しては次のサイトに盗用作品を載せてるのかな?

見え見えの自作自演したり、やることが姑息。

固定されたトゥート

ノベラボに投稿されたヒロハルさんの「真夜中の自殺コール」。

私の「以心伝染」との類似を指摘したレビューの直後にアカウント「正能恭輔」による最高評価のレビュー投下。

このアカウントは「真夜中の自殺コール」以外にはレビューなし。
3ヶ月近く経っても変わりません。

ヒロハルさんの自演アカウントの可能性が高いですね。

前々からこの人の作品は既成作品との類似が目立ちました。

接点のあった作者さんたちは是非とも一度彼の作品を確認して、盗作や剽窃を発見した場合は、本人には伝えずに通報されることをお奨めします。

この人は逆ギレ・開き直り・逆恨みするだけで改めることはありません。

「ニュルンベルクのストーブ」の主人公オーガストと「フランダースの犬」の主人公ネロ。

「貧しいが心清い少年」という点では共通。
ネロの方が画才に秀でている分だけ余計に恵まれているとも言える。

それでも、ドイツ人のオーガストは生き延びて、ベルギー人のネロは死に追い込まれる。

訂正
×才覚
○才能

「才覚」は「機転が利く」というニュアンスが強いので訂正します。

kakuyomu.jp/works/117735405488

停滞中だけど、「フランダースの犬」に影響を受けた作品(ただし、時代はもっと前のアントウェルペン)。

ウィーダの作品
・「ウルビーノの子供」→15世紀イタリアが舞台。少年時代のラファエロが才覚を認められるハッピーエンド。
・「ニュルンベルクのストーブ」→ドイツが舞台。貧しい少年が才覚を認められ生き延びるハッピーエンド。
・「フランダースの犬」→ベルギーが舞台。貧しい少年が才覚を認められず窮死するバッドエンド。

ウィーダはアントウェルペンにはごく短期滞在したが、気に入らなかった模様。

「フランダースの犬」は1872年(日本なら明治5年)、イギリス人女性ウィーダによって英語で発表された作品。

当時は新興国だったベルギーに対するイギリス人の差別意識が少なからず反映された作品で、舞台となったアントウェルペンでは「うちは孤児を虐待する土地柄ではない」と反発する人も少なくないそうで。

タイでは国辱映画として上映が禁止されている「王様と私」の件と並んで、これは日本でももっと周知されるべきだと思う。

渋谷のハロウィンやセンター試験の痴漢には「冤罪ガー」は湧かないよね。

被害女性が訴えづらい、被害女性の方が「自衛しない方が悪い」と責められる場面だと出てこない。

本当は知ってるんだよね。
冤罪なんてめったにない。
大半は痴漢本人の言い逃れだって。

更新しました。
ヒロイン母娘は異世界ではハロウィンの扮装で街を練り歩く人のような存在です。

ネット漫画広告って「SNSで破滅する女」とか「女の敵は女」、「ブスはブスだからとにかく虐げられて悲惨です」みたいな話ばっかり。

制服の女の子が出てくると判で押したようにカスな男を取り合うスクールカースト物だし。

あれ、誰に受けてるの?

「これだから女はバカだ」と優越感に浸りたいミソジニスト対象のコンテンツじゃないの?

正直、「幼稚で察しの悪い女の子」を「無邪気で純粋で可愛い」みたいに持ち上げる作者はそういうミソジニスト。

訂正
×皮
○側

稲井大輝は典型的なインセルの価値観を吹聴していた人です。

5ちゃんねるやまとめサイトにお仲間がたくさんいるような主張していたから、今まで容姿など揶揄はされても潰されはせずに来たのでしょう。

現時点では彼だって推定無罪だし、冤罪の可能性もありますよ。

それでも彼に関しては「推定無罪の原則ガー」「冤罪の可能性ガー」と主張する人は目立ってでませんね。

本当は皆、思ってたんですよね。「こいつはいつかやらかすぞ」と。

それで面白ネタとして持て囃していたのなら悪質です。

彼は以前からTwitterでも言動が酷かったので、逮捕されても正直、「やっぱりな」という感じ。

ただ、逮捕されるまで彼の言動を面白がって持て囃す人は少なからずいたし、それが本人を増長させたとも思う。

面白がって持て囃していた皮にも責任はありますよ。

稲井大輝は確かに酷いが、「アデノイド」と彼の風貌を特定の病気や障害と結び付けて嘲り笑うのは違う。

彼が本当にアデノイドに苦しんでいる人ならヘイトスピーチだし、そうでなくても、病気や障害への蔑視でしょう。

今も「マジョマジョピュアーズ」とか実写版の戦闘ヒロインシリーズは続いている。

けれど、率直に言ってプリキュアのドラマ版みたいな感じ。

むしろ、悪役の男キャラの方が微妙に中華風の衣装だったりして見ていてちょっと辛い。

本音の所は働いてる店員、特に女性の健康なんかどうでもいいんだよね。

新宿ベルクを支持する人たちの何が一番ダメかというと、妊娠した女性店員が受動喫煙させられながら働いている事実を無視・矮小化している点ですね。

明らかに虐待ですよ。

連載小説「ちゅうかなまち」
monogatary.com/story_view/4664

昔、見たキョンシーシリーズや「ちゅうかなぱいぱい」、「ちゅうかないぱねま」へのオマージュの強い作品です。

訂正
×ヒロインが魅力が感じられない
○ヒロインに魅力が感じられない

「子供のように無邪気な女性」イメージをやたらと持ち上げるのって日本だけでは。

「幼稚で察しの悪い女の子がひたすら『可愛い』と持ち上げられる気色悪い話」と感じるとダメなんです。

今まで他の人には好評でも自分としてはイマイチだった、あるいは勘に障った作品に共通するのは、「ヒロインが魅力が感じられない」。

特にダメなのは「『子供のように無邪気で可愛い』設定のヒロインが愚鈍にしか見えなくてイラつく」パターン。

もっと見る
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.