深く潜らないと見えてこないものがあると宣って沈み込んでいるのが海ではなく何も得られない泥沼なのではないか

それなりに価値があることをやっていた頃の自分がいて、今でもそうであるかのような意識で振る舞っているところはあるかもしれない

言語化するのは難しくて、それ以前に自覚することも難しいので、人に伝えようにもうまくいかない

自身の認知について何かがおかしいことは分かるんだけどずっと的外れのことを言ってる気がする

責任がまだ環境(人間も含む)にあると言える時期に解決できなかったことが、その時期を過ぎてからは本人の責に帰すことになる理不尽さ、どうしようもなさについて

弐寺を全力でやって他のすべてを肩の力抜いてやるか?

大抵のことはあまり全力で頑張らないようにしたほうがいいということを理解しつつある(正しいかどうかは分からないし分かりようがない)

資格勉強を検討してたけど社会人に向いてないのをどうにかしないといけない わからん

繊細というかメンタルが弱くて色々気にして考え込んじゃうタイプで、なおかつ勢いで行動しがちなので躁鬱のような振る舞いをしていただけという可能性が高い

薬物療法だけだとこういうことはあるので心理社会的療法が重要なわけだけど、通院してた時は軽度だと判断されてそのへんの案内がなかったのかもしれないし、そもそも本当に双極性障害なのかがちょっと疑わしい

双極性障害の薬を飲んでいた時はネガティブな思考にあまり振れないようになって行動できるようになってたんだけど、それまで悩んでいたことが脳内のどこかに追いやられてもいて、後にその問題と直面してだめになった

余計なことをあれこれ考えて前に進めない問題は「薬を飲む」もしくは「声を出しながら取り組む」のどちらかでなんとかなることもあるけど、本当に余計なことなのかが分からなくて、別の問題を先延ばしにしていたりもするので、使い所が難しい

Show older
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)