Follow

ハードウェアの仕様的に「0と1、もしくはどちらもあてはまる、どちらもあてはまらない」とかの4値論理を「0、1、?」とか「0、1、0and1」のようなイメージでお話しを聞いてますが、このテーマに弁証法などの古典的な手続きなどとの整合性が無いとどうやら問題らしくって、それを最近マイアミ大学の論文で読んであれこれ考えてます。なんかPDFで300ページとかだったのでまだ頭が混乱してたりしますΣ

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.