バカガキ共が夢を見るな

500文字もトゥートすんのにいらンだろ
5文字で十分!です!!

ブァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーカ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

俺マサチューセッツ工科大学卒だからお前らの″″″″″″″″″″バカ″″″″″″″″″″みてぇなトゥート見たくねンだわw

アドビフォトショップ消えたのマヂつらたん

だ か ら ち ん こ っ つ っ て ん だ ろ

キ〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰!!!!!!!(おはようございます)

おはようございます嫌だ

無修正版はファンティアにて公開!!

ピップエレキVANくれよ

お仕事長びいてるなここ最近

俺とサシでバトルしようや

彼「先月より減ってるってどーゆーことなんだよっ!!(ドゴッ!」
キ「っつ!(殴られ頬をおさえている)」
彼「んだよ、これじゃぁ““チョコ””もへっちまうじゃねぇかよ....ざけんなクソアマぁ!!!!!!(ドカッ!バキッ!!」
キ「ぃ...っ!痛いっ!!ごめんなさいごめんなさい!!!来月はもっと稼いできますから!!!だからもう、酷いことしないで...!!!」
彼「チッ!っしゃぁーねぁーな。っと(スゥーーー」
彼「...キャル!?すげぇ痣だらけになってんじゃん!?ごめんね、俺また加減できなかったよ...うぅ...」
キ「い、いいわよ。確かに今のままじゃ生活はより厳しくなるし、来月はもっと稼いでくるわね。」
彼「ありがとね。あと、おわびといっちゃあアレだけど、“コレ”分けてあげる」
キ「いいの?少ないのに」
彼「いいのいいの。おわびだからね。さ、一緒に吸おう(スゥーーー」
キ「う、うんっ(スゥーーー」
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
キ「なんだか、自信がついてきたわ!もっともっと頑張って、結婚できるように頑張ろうねっ!(ギュッ!」
彼「そうだね、頑張ろうな。愛するキャル...希留耶♡(ギュッ」

オーナー「キャルちゃんさぁ、今月全然指名取れてないじゃ〜ん。固定客も他の娘に移り始めちゃってっし、このままだと‘‘‘分かってん’’’だよなあ?」
キャル「す、すみません...」
ソープランドで働き始めてそろそろ1年になる。最初はケモミミがウケたのか一定の層が固定客としてついていた。しかしその客も他の娘に目移りしていき指名ランキングは右肩下がりの一方。ケモミミ以外のセールスポイントが無い今、私は今後について考え始めていた。
キ「はぁ...ただいま」
彼氏「おかえり~
どうしたん?浮かない顔してっけど」
キ「うん、ちょっと仕事のことでね...」
私には彼氏がいる。一個上の、プロのラッパーを目指している所謂“チャラい”系の彼氏だ。
彼「まぁ仕事してっと悩みはつきもんだしな~笑
っつーかそれより、今日アレの日じゃね?」
キ「...!あぁっ!アレね。ほら、今月の給料よ」
彼氏はラッパーを目指すために職に就いていない。だから私がこうして働いて稼いでるんだけど、忙しい私だとお金の管理は厳しいだろうとの理由で、彼がお金の管理をしている。
彼「センキュー♪...あ?んだこりゃ?オイ!!」
キ「ビクッ!」

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.