LiosK さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

LiosK @LiosK@mstdn.jp

アメリカ人の小切手使いを馬鹿にする人って結構多いけど、最終的な支払手段として小切手にフォールバックできるがゆえに、現金が必要なくなってキャッシュレス化が進んでるっていう見方もできる。

あー、2次方程式の解を考えるときに必須になってくるのか。確かに解析学の方ではよく使いそう。

ベクトルに慣れてくると複素数って何のためにあるのかわからなくなってくる。極座標にも複素数は必須じゃないよね。

あー、オプションをデルタヘッジしてインプライドボラのとこだけ張ってる感じかー。んでVIXロングだとシータ部分を払い続けるけど、インバースだと受け取り側になるから待ってれば儲かると。で、焼かれたと。おもしろいなー。

VIXインバースのファンドがどうやってアービトラージしてるのかがやっぱりわからん。VIXロングでもわからん。

パタゴニアがすごいんじゃなくてパタゴニアのフリースだけで氷点下10度の屋外にアタックすると度胸と根性がすごいんだと思う。

今のmacbookはメモリを16GB積んでるからスワップしまくってメモリが律速要因になってるって感じることはほぼない一方で、仮想マシン立ち上げまくったり機械学習ぶん回したりするときにCPUのパワーとコア数に不満が出てくる感じ。欲は尽きない。

Virtualbox上のwin10ゲストがあまりにももっさりだからメモリを8GB割り当てたけど改善せず。でもメモリを4GBに戻しつつCPUコア数を2にしたら劇的に改善したから、やはりシングルコアでモダンなOSはきついんだなと理解。

日本語を外国語として学ぶうえで、音読みと訓読みがあることの何が難しいんだろうって思ってたけど、食べると食事、走ると走行、来ると来訪みたいな似たような意味で少しづつニュアンスが違う言葉が大量にできるから単語数が爆発するのか。最近だと英語も混ざって泳ぐ/水泳/スイミングみたいな地獄に。

東証大証の売上高ですら年間計1千億程度だから取引所商売でコインチェックが何百億も儲けられるはずはないけど、アルトコインは相対取引っぽいから、仮想通貨での現引きを認めなければ、顧客はコインチェックの言い値で保有通貨を円転するしかないはずで、そのレートをいじればいくらでも儲かりそう。

関係代名詞のwhichなんて今どき口語で使わない。みたいな言説を時々耳にするけど、体感的には文章よりも会話で多く使われてる気がする。深く考えずに発言したときとか舌足らずになったときに、「っていうのは」みたいなニュアンスで言い直したり補足説明したりするのに非制限用法が便利だからだけど。

締めのお茶漬けをJapanese dessertって表現するのはかなり語弊がある。

ムーミン愛されてるな。

ビットコインのボラ考えると、先物市場の制限値幅ってリスクでしかないな。

ビットコインがバブルだとか本源的価値がないだとかは去年にも一昨年にも言われてた話なので、今さらそこを強調して鉄火場で戦う人を馬鹿にするよりは、ビッグウェーブに乗れなかった自らの不明を恥じ入るとともに悔しい悔しいと歯噛みするぐらいのほうが、人として誠実な気がしないでもない。

Bitcoinに流れ込んだ資金の何割かでもスタートアップ投資に回っていればもう少し世の中が良くなってたのかもしれない。

今までMITライセンス使ってきたけど、Apacheライセンスの方がcontribution周りが明確で便利な気がしてきた。

macOSのアップデートでopensshが7.6になってarcfourが使えなくなって割と頭抱えてる。

ストロングゼロ飲みたくなってきた。