エマ・ワトソン、ホットパンツ姿でやり手イケマンビジネスマンの恋人とキッス
leia.5ch.net/test/read.cgi/pov

123 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウカー Sa7b-I59m)[sage] 投稿日:2018/10/17(水) 14:35:51.00 ID:oK8o7MxDa
>>76
男らしくしなくてもいいという思想と、男らしい男が好みという主張は矛盾しないだろ

----------------------------------------

そりゃエマの中では矛盾しないんだろうけど、エマのメッセージを受け取る社会の方としては矛盾するよ。エマの好みと、米英の女性の好みってある程度共通してるからな?エマに好かれるようなら、他の米英の女の子に好かれる可能性も高くなる。だから男性は男性性を捨てないよ。女が化粧したりスカートを履くのと同じ。「いつか出会う運命の人」のために、公約数的カッコよさ・美しさは保っておかなきゃならないし、だから性的偏見は社会から無くならない。

「男性は男性らしさを捨ててください。ただし私は男性らしい人が好きです」と言うエマ・ワトソンが「すごく変人」で、「こんな女性は英国にそうそう居ない」というのであれば、話は理解できる。しかし実際はエマと米英の女性の価値観・美的感覚はほとんど共通しているだろう。エマの言動は「米英の女性の代表」に過ぎない。ならば米英のほとんどの女性は「男性は男性らしさを捨てるべきよ。ただし私は男子らしい人が好き」と思っているわけで、そしてその思想には何の力も無いのだ。

増田虎達
フォロー

「男性らしさ」「男性性」の良いとこ取りってできないし、実際、できてない女性が大半なわけでね。なのに、左派リベラルフェミは「我々の想定する、弱気を助け強きを挫く素晴らしい男性らしさ(少女漫画ロマン的男性らしさ)とインセル増田虎達の言う野蛮な男性らしさは違うのだ!」とか言うけど、それって意味ないでしょ。現実には、「少女漫画的男性らしさ」「優しい家父長」を追い求めて、それと抱き合わせの「野蛮な男性性」に苦しめられてる女性が大半なんだから。

男性性は全否定するか全肯定するかのどちらかしかなくて、丁度良い中間点(優しい家父長・正義のコワモテヤクザ)というものは無いんです。

ログインして会話に参加
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.