フルカウルならブロッケンギガントだろ。敵の噛ませ役のミニ四駆だったのに、人気が出て異例の出世までしたんだぜ?

俺の愛機はコレだった

なぜクルマに前進翼が?ふつーに考えるとないんだけど、有無を言わせぬカッコ良さがある。

俺が知っているヤクザでいちばん成功していたのは風俗のHPの制作を請け負うしのぎで稼いでいる企業舎弟みたいなゴロツキだったな。真のサイコパスだった。カード破産したSEと半分薬漬けのデザイナーを囲って、どうせ似たような構造の風俗のHPを破格で量産していた。なかなか商才があると思ったよ。店が摘発されるたびに看板もHPも変えることに目をつけて、警察とも癒着があったみたいだった。

なにも浮かばない。
あと12時間しかない

俺はまあまあ水が合ったし、あの経験で耐性ができたからこそ底辺ブラック制作会社で生き延びられた部分が少なからずある。あのまま進んでいたらどうなったのか、ちょっとだけ興味が残っている。

連中は稼業としてやっているから損得勘定なんだけど、不良はその点損得勘定抜きの行動をするから、なんとか連合のひとたちにはヤクザも一目置いているところがあった。ヤキ入れはまあ過激だったけど、不良側が後輩をシメるヤキ入れの方がエグいもんがあった。

ヤクザもサラリーマンも組織の力学としては大差がない、というのが部屋住み体験取材までさせられた俺の実感で、取り扱っている商材が少々違うだけなんだよね。意外と普通のひとだよ。暴力や恫喝には手慣れたものがあったけど。

手打ちの場で指詰めくらい見てからヤクザ語ろうナ

戦慄かなの少しまえまで相互だった気がするけど、いま見たらフォローも外れてた。そのうち書かせたい逸材だったのに。惜しいね。

あの放送アウトか。消そっと。

セックスマンのボケ、たまにマジでツボに刺さってヒャーーーみたいな声出る。

当時16だった二十歳の小娘に、もう39歳ってマジですか?と懐かしい驚かれ方をされ、たとえようもなく傷ついた。

あわよくば前日の予定リマインド係に仕立てあげようとした子にその気配を敏感に察知され回避された社会不適合気味の39歳です

徹夜してさっきまで企画書を書いてたら部会を完全にシカトしてた。さすがに3ヶ月連続だとキレるだろうな。査定がヤバそうですよ、とか各所から心配の声が続々と届いておった。俺は事務処理もダメだしスケジュール管理もダメだし、どうやって社会人をやってきたのか自分でもたまに不思議になる。

ツイッターは無課金で楽しいのにな

ソシャゲ案件、予算もできることも自由度は高めなんだけど、毎回そのタイトルを好きになるまでに要する時間がだんだん長くなってきてダルい。

でもそいつ誕生日だったらしい。ひと言くらい祝ってやればよかった。

世にも奇妙な物語じゃないんだけど、恐ろしすぎてツイッターには書けなかった話がある。さっき俺の鍵垢にフォロー/フォロワー0の鍵垢から申請がきて、知り合いかと思って承認したら、遡れる範囲で2年以上「クジラさん」という妙な呼び方で俺への思慕を延々と綴っているアカウントに出くわした。速攻でブロックした。

だいたい「遅くなってごめんね」ってなんだよ。前世でも来世でも呼んでないし、マジでほんと勘弁してください。

もっと見る
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.