Pinned toot

mstdn.jpの6/30終了にともない,引き続き私の書いたものを読みたいという奇特な方は,ぜひ,下記pleromaのアカウントをフォローしてくださいませ(マストドン各インスタンスからフォロー可能です。)
専門の話をばりばりする
@SASAKIMasato
硬軟とりまぜて雑談する
@SASAKIMasatoHKD

なおpleromaインスタンス「図書館でお茶会を始めて国際法カフェに計画」では,「法律学が嫌いではない」「文字によるコミュニケーションが好き」な方の参加を歓迎しています。詳細は lufimianet.jp/about をどうぞ。


ぱすてるぽいんとってまんががあってね~。
(ぱすてるちゃいむってゲームもあってね~。)

誹謗中傷とやらも,ネット独自の話にしないで,古典的な技術に置き換えて考えればいいのよ。
スター(また古い言い方だ)にカミソリ入りの手紙送れば,もう脅迫罪成立じゃん。
そのことと,井戸端会議で悪口言うのは別やん。悪口書いた本を出版するのは,また別の類型。

もう私の若い頃の私の上のコンピューター遣いの間で既に「ネットと実世界は違うんだ」って主張が結構あったんだけど,「実世界の方が黙ってないぜ」と指摘していたんだよね。
で,実世界の方から,大量に流入したやん……。見事に。
(こんなにコンピューターが普及してネットワークが普及するとは……。)
いよいよネットは別って議論ができなくなっちゃった。やってもいいけど実世界がそれを許さない……。

他インスタンスへの引っ越しガイド的なものを書いてみました。
lufimia.net/endmstdnjp/

ということで,再告知です。ごめんなさい。ちなみに文中のabout,相当書き換えましたので,以前ご覧になった方もどうぞ。

mstdn.jpの6/30終了にともない,引き続き私の書いたものを読みたいという奇特な方は,ぜひ,下記pleromaのアカウントをフォローしてくださいませ(マストドン各インスタンスからフォロー可能です。)
専門の話をばりばりする
@SASAKIMasato
硬軟とりまぜて雑談する
@SASAKIMasatoHKD

なおpleromaインスタンス「図書館でお茶会を始めて国際法カフェに計画」では,「法律学が嫌いではない」「文字によるコミュニケーションが好き」な方の参加を歓迎しています。詳細は lufimianet.jp/about をどうぞ。

で,たとえばpleroma使っているlufimianet.jpだと,申し込みに必要なのは,希望するID,メールが到達するアドレス,パスワードの3点で,しかもメールアドレスとパスワードはユーザーで変えられるんで,持っている情報は基本的にIDしかなくなっちゃう。(でもIDは表示されているよね。)マストドンもまあ似たようなものでしょう?
そうするとこといわゆるプロバイダ責任制限法の関係で,「記録を残さなければ……」という心配は無用で,もっぱら本線の「通報後の適切な削除」の心配なり,その前提の通報に対する正しい判定の心配をすべきだと思った次第。

で,本題。
某所でマストドンの管理人あて開示請求にたいして現行システムだともたない的な発言を見たんだけど,今のマストドンのシステムだと情報開示請求に対して,法で定められた事項につき記録を残していなければ,開示の必要がないんで,そんなにびびらなくていいんじゃないかと思った次第。
というのは, soumu.go.jp/main_content/00067 のp34を見ると,はっきりと「現にプロバイダ等が保有している発信者情報について開示の対象とするものであって、プロバイダ等に対して発信者情報等の保存を義務づけるものではない。」どころか「むしろ、情報の適正な管理の観点からは、発信者情報のような個人情報については、プロバイダ等にとって保存の必要がない場合には、速やかに削除すべきものと考えられる。」としているわけさ。
(これのあてはめは別稿にて)

なんか例の一件で政府が「新たに」ネットに対する新規制を企んでいるって向きがあるけど,さすがにそれは事実として違うんで,解説。
今,動いているのは,従前からある「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」に基づく,発信者情報開示請求で開示対象を拡大しよう,具体的には(携帯)電話番号やSMSアドレスも開示対象に入れようって動きなんだけど,これ今年1月と3月に相次いで訴訟で開示認められたのと,現実に場合によっては開示されないと発信者に対する訴訟がままならないって事実があって,法で明文化しようって話なんだよね。
当然,「今か?」って批判はあるだろうし,この内容の改正かってチェックも必要だけど,野党もおおむね賛成しているんで,さすがに冒頭の見立てはかわいそうだと思う。

mstdn.jpが採算合わないというが、それだけのことしたんだからありがたいよなぁ。よくよく考えれば。
○○ット〇ー〇ーのうざい広告流れないもんなぁ。

大手企業の運営する各種サイトでも,一時は利用者呼び込みのために,コメント欄作っているところ多かったけど,閉鎖が相次いだのも同じ筋だと思っています。

Hostdonみたいに、あくまでサーバのホスティングのみを行なって、運用は各利用者の責任とする形の方が今後はやりやすくなるのかな。

相互監視みたいのはjpの風土的にどうなんだろうなあ

しかも500円×400人は,人的コストには無料奉仕を求める場合の額だからねい。

すいません。6/30までの間気が向いたら再投稿します。
mstdn.jpの6/30終了にともない,引き続き私の書いたものを読みたいという奇特な方は,ぜひ,下記pleromaのアカウントをフォローしてくださいませ(マストドン各インスタンスからフォロー可能です。)
専門の話をばりばりする
@SASAKIMasato
硬軟とりまぜて雑談する
@SASAKIMasatoHKD

なおpleromaインスタンス「図書館でお茶会を始めて国際法カフェに計画」では,「法律学が嫌いではない」「文字によるコミュニケーションが好き」な方の参加を歓迎しています。詳細は lufimianet.jp/about をどうぞ。

一応付言しておくと,常時監視までは不要なのよ。BBS時代の判例から言うと。
ただ通報を受けたら適切に判断・処理する義務があるとされている。

何人に売れるかだよな~。
……「国際法からはじめよう」より売れるのもそれはそれで嫌だし……(泣)

お金があれば運用できるという話だったらとても簡単なんだけど、
新卒やアルバイトを監視に投入したところで削除基準がブレにブレるので、
結局役員判断が必要で属人化が否めなかった実績も某所で存在したり。。

削除リクエストがどう扱われるかが実はよくわかってない。
処理が重くなるあたり,消そうとはするんだろうけど,処理が重くなるからやりませんサーバーがあっても不思議じゃない。

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 【重要: msdtn.jp / mastodon.cloud サービス終了について】 ここ最近、インターネット上おける誹謗中傷に対する対応について、各社のニュース・SNS等で話題となっております。 参考ニュース例: https://www.jiji.com/sp/article?k=2020052500387 これらの影響に伴い、今後、訴訟や開示請求がより一般的となることや、 政府機関からの対応強化の指示、並びに法制強化などが実施される可能性が予想されます。 しかしながら、弊社の現在の体制ではそのような場合の事務負担増に耐えきれず、適切な対応が困難なことから、 mstdn.jp ならびに mastodon.cloud について、2020年6月30日をもってサービス提供を終了することにいたしました。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 ※運営の引き継ぎをご希望される会社様がおられましたら、Eメールにて sns@bunsan.social までご連絡お願いいたします。