英国の鉄道模型クラブが展示会を準備していたところ、前夜に何者かが侵入し展示物を片っ端から破壊しました。

展示会は急遽中止。被害が莫大なため、支援を求めたところ34000ポンド(500万円弱)がこれまでで集まったとか。

news.sky.com/story/amp/model-r

フランスの地方警察が、「郵便箱にUSBメモリが入っていても挿さないで」という警告を出しているとか。

もちろん、挿すとマルウェアに感染します(BadUSBで破壊もできるけど、マルウェアの方が普通は犯罪者側に利がありますね)。

journaldugeek.com/2019/05/16/a

全国より高い平均日商:苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い (3/6)
itmedia.co.jp/business/article

ネパール語のCMって面白い…これ?

youtu.be/BFPChFk6NBI

中国語のも面白いですね。

でもファミリーマートは、なんたら大学の店内広告が苦痛です…。

5月のwindows updateは令和対応(フォント幅問題は修正された模様)もあり、WannaCryのような感染をもたらしかねない脆弱性対応(なんとXPにもパッチが!)もあるので、特に企業では早めに適用したいところですね。

qiita.com/tfukumori/items/a1fb

forest.watch.impress.co.jp/doc

爆薬を搭載しない代わりに刃をつけたミサイルが、既に米軍で配備されているとか(ドローンから発射し、個人を標的としつつ、周囲への巻き込みを抑制するもの)。

arstechnica.com/tech-policy/20

途中にある"Flying Ginsu"が謎でしたが、米国で有名な、日本刀をイメージしたナイフのブランドだとか。

米国の「トップ3」アンチウイルス会社のソースコードと内部ネットワーク情報が盗まれ、ネットワークアクセス権とあわせて30万ドルで販売中という話が出てますね。

販売主はこれまでも高級ホテルグループなどのデータを売っている模様です。

arstechnica.com/information-te

あ、ちなみにゴッドハンドを検索するなら「ゴッドハンド 発掘」とかがお勧めです。

東洋英和女学院の深井智朗(元)院長が「カール・レーフラー」という神学者を捏造したとして懲戒解雇された件が話題で、STAP細胞と並べられてますが、文系の捏造といえばゴッドハンドというですね…

(試しに検索したら、あれはもっと組織的な問題だったという話が出てきて、本当ならさらに酷い…)

(Google I/O続き)
live relayは音声合成を組み合わせて、文字か音声のどちらでも「通話できる」仕組み、Euphoniaは(例えばALSなどで)一般的でない発声でも認識する技術。

実際に使えるのは、もう少し後になりそうですが、(どのくらいの精度になるか気になるものの)すごいですね。

今年のGoogle I/Oでは、Pichai CEOの基調講演でアクセシビリティに10分弱(44分あたりから)が割かれてました。

youtube.com/watch?v=TQSaPsKHPq

live transcribeは既に展開している音声文字変換、live captionは映像でも目の前の音声でも端末で処理する速い字幕変換、(続く)

twitterがリツイートに画像や動画を付与可能にした件(現状ではiOSとandroidのアプリ並びにブラウザ限定)、3rd party APIは来ないでしょうね。投票と違って、日常的に中身がずれるので、いよいよかな…。

しかし画像のみって、いやな予感。アクセシブルでもないし。

theverge.com/2019/5/6/18532537

また何色に見えたら脳がどうのこうのとか流れてますね。

体に関することで全うな根拠となるURL(.go.jpか.gov、最低でも.ac.jp)を書いてないのは無視した方がいいですよ…。

『翔んで埼玉』イタリアで大ウケ!観客の反応は? cinematoday.jp/news/N0108456 via @cinematoday

面白かったのが英題『Fly Me to the Saitama』。moonと違い普通定冠詞はつけない地名に、あえてtheをつけることで、強烈な特別感(異化効果)が生じています。お見事。

…意図でなければ恥ずかしいけど。

古い(国内の)PCゲームをストリーミングで、という話が出てましたが、海外ではAntStreamというところが8bitマイコンや古いゲーム機の作品をストリーミングする話があるんですね。

最初にサービスインする予定の英国での平均レイテンシは45msだそうですが。

arstechnica.com/gaming/2019/05

日本のゲーム等を英訳した人達のインタビュー。FF12英語版ではリアリティをもたせるため地域ごとに別の方言を使ったという話は面白い。

ところで記事に出てくる「Phoenix Wright」が謎でしたが「逆転裁判」(と、主人公「成歩堂」の名前)なんですね!

theverge.com/2019/4/30/1852310

どうでもいいけど、kingは英語(古ゲルマン語?)、emperorは古代ラテン語が元、throneは古代ギリシャ語が元なんですよね(ラテン語の王「rex」は英語ではあまり使われませんね)。

日本人的には、大和言葉、純粋な漢語、インド起源の言葉を古代中国で音写したもの、みたいな印象なんですかね。

『A3』無料公開にあたって|森達也(映画監督・作家)|note(ノート) note.mu/morit2y/n/nde972b9f0ea

たしかにこれは無料公開してでも読んでほしいのだろうと思いました。政府・行政の資料改竄・削除なども含めて思うところは色々と…。

ちなみに、近所の書店には在庫ありませんでした。

時々、謎の間違い英語を言うのを見聞きします。日本語の音韻…とかではないレベルです。

指摘すると悪く思われそうで、いつも気になりつつそのままなんですよね…。

JAXAさんの広報誌の図、わざわざJAXAじゃないUSERS(2003年、日本で初めて回収に成功)の名前まで挙げて、これまで帰還技術が皆無だったような書き方するの、どうなんですかね。

fanfun.jaxa.jp/c/media/file/me

ssl.jspacesystems.or.jp/librar

通信衛星intelsat-29eが燃料を放出し通信途絶、最終的に全損した模様です。2016年頭に打ち上げられた衛星なので、寿命の2割で全損…痛いですね。

メーカーはBoeing。今回の不具合が系統的なものかは、大きな意味をもつので気になります。

※某航空機とは関連しません。

spacenews.com/intelsat-29e-dec

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.