セカンダリー l 心理学をもっと身近に さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

セカンダリー l 心理学をもっと身近に @Secondary@mstdn.jp

【心理学と研究倫理】日本心理学会(2009)倫理規定「まえがき」 | 学術論文紹介サービス
■YouTube youtu.be/0m_DFZO45Ak
■ニコニコ動画 nicovideo.jp/watch/1502435166

のご案内】初学者向けの講座です。数式の理解や実際の計算よりも各々の分析の意味を理解し、論文などを読むことのできる力をつけていただくことを目的とした内容となっております。goo.gl/9h77nf |

【大学院入試情報 | 作新学院大学大学院】
出願期間:02月08日(木)ー02月22日(木)
試験日:03月03日(土)
■「臨床心理士指定大学院」入試日程一覧(関東一都六県):secondary-jp.com/gra00/
※詳細及び正確な情報は大学webサイトでご確認ください。

「アスリートが自分自身で競技上で直面する課題に取り組み,それを解決していくことは,競技力向上と同時に自立への歩みを進めることになるということが明らかとなった(米丸・鈴木,2016)。」出典情報:secondary-jp.com/rs/ 

【出願期間・試験日・試験委員…、大事なことはすべて官報に書いてある】
youtu.be/rsZkStc0Bog
現任者講習会テキスト: amzn.to/2DoRoi2
公認心理師新着情報: goo.gl/wtAhXG
|

【学術大会日程紹介】
第13回 日本感性工学会春季大会
日程: 03月27日(火)ー03月28日(水)
開催地: 名古屋大学 工学部IB電子情報館、2号館
■学術大会日程一覧:secondary-jp.com/congress/

【あと175日】 (2018)まで、あと175日です。弊社Webサイトに特設ページを開設中です。無料の練習問題もございます。ぜひご活用ください。secondary-jp.com/jupaken2018/ [2018.02.25]

【大学院入試情報 | 川村学園女子大学大学院】
出願期間:02月13日(火)ー02月23日(金)
試験日:03月03日(土)
■「臨床心理士指定大学院」入試日程一覧(関東一都六県):secondary-jp.com/gra00/
※詳細及び正確な情報は大学webサイトでご確認ください。

‪こんにちは。本日は2月25日(日)、青山は曇り空です☁️本日もセカンダリーをよろしくお願いいたします。‬

‪https://www.secondary-jp.com‬
‪【シリーズ完結 | 公認心理師法を読む!】 ‬
‪https://www.facebook.com/secondary.llc/posts/904399406398622‬

| 2018年度の日程も続々!】当センタースタッフによる国内で行われる心理学関連の学術大会の日程一覧(月別)です。不定期に更新して参ります。 secondary-jp.com/congress/

【Study Together ! (2018.02.10)】
Preview: youtu.be/IrHYugQTtcs
本編: nicovideo.jp/watch/1518656660
今回のテキストは『 現任者講習会テキスト ( amzn.to/2DoRoi2 )』!序文には何が書かれているのか?講師と一緒に勉強しよう!

| 新着情報】外国の大学において心理に関する科目を修めて卒業し、かつ、外国の大学院において心理に関する科目を修めてその課程を修了した者等を対象とした受験資格認定について情報が公開されています。‪ ‬https://www.secondary-jp.com/kouninshinrishi  |

【 #‪新規動画連続公開 Day 98‬】‪昨日は で下記の動画を公開しました。‬
『学術論文紹介 | 子どもを産み育てることへの不安の把握(1)』
youtu.be/hKea3aUBiXY

‪【出願期間・試験日・試験委員…、大事なことは全て官報に書いてある】‬
‪「公認心理師試験の施行」が官報第7195号に掲載されたので読み上げてみる生放送[2018.02.03](archive)‬
‪https://youtu.be/rsZkStc0Bog‬
‪現任者講習会テキスト: amzn.to/2DoRoi2‬
‪公認心理師新着情報: goo.gl/wtAhXG

「道路横断時に停止すること,繰り返し確認すること,さらには,挙手をして渡ることについては,実施した学習状況下の訓練の中で低学年が習得しやすく,実行しやすい行動と考えられる(大谷ほか,2014)。」出典情報:secondary-jp.com/rs/