ɐɹɐqᴉʞɐʞɐS ɐɹᴉɐʇ @!れ張頑分自 さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

ɐɹɐqᴉʞɐʞɐS ɐɹᴉɐʇ @!れ張頑分自 @TairaSakakibara@mstdn.jp

民事の損害賠償の裁判で、被告が有罪判決受けてる刑事事件の供述調書を文書送付嘱託を申し立ていたけど、それを認めないなら、代わりに取り調べをした検察官検事を証人に呼ぶと申し出たら、すんなり文書送付嘱託を認めてくれた。
本人訴訟です。

そしてその後、検察庁にいって検察事務官と刑事確定記録の閲覧を巡ってやり取りして、体力と精神力を消耗した💦

裁判官に刑事確定記録の一部(検乙2号証)供述調書の送付嘱託を認めさせた。

めっちゃ頑張って💦、めっちゃ疲れた💦

駅に着いたら、どこかでモーニングを食べたい!
🍳🥗🍖 ☕

今日は裁判。10時から。
そのあとタルトを食べに行く💓

ユトレヒト大学 国際公法助教授金武真智子氏

金竹マチコ ユトレヒト大学国際法学部助教授

霞が関の霞ダイニングで入眠剤を飲んだ。ここで2時間寝る。。

【NHK健康チャンネル】片頭痛の予防に役立つ!「頭痛ダイアリー」とは nhk.or.jp/kenko/atc_487.html

トリーチャー・コリンズ症候群(トリーチャー・コリンズしょうこうぐん、Treacher-Collins syndrome:TCS)は頬骨の欠如等[1]:577の顎顔面形態の不調和が特徴的な症状として見られる疾患で、常染色体優性先天性疾患の中でも稀有な例の一つである。別名トリーチャー・コリンズ・フランチェスケッティ症候群(Treacher-Collins–Franceschetti syndrome)[2]や下顎顔面異骨症[3]ともいう。平均して10,000人あたり1人の新生児に見られ[3]、多くのケースでは遺伝子疾患が指摘されている。この疾患により現れる症状の典型として、下に垂れ下がった目、下顎短小症、伝音難聴、頬骨の不形成、下眼瞼側面下垂、耳の奇形化または不形成が見られる。

書いた。「プログラミングと法律はどちらもパズルのようなおもしろさがあるが、法を題材にした論理パズルに熱中すべきではない」
https://hakabahitoyo.wordpress.com/2018/06/19/faphilia-puzzles/

【図解:3分で解説】クリスパー・キャスナインとは|遺伝子改変、ゲノム編集技術

・クリスパー・キャスナインとは
今までの遺伝子改変との違い
・どのように人類の生活を変えそうなのか
・クリスパー・キャスナインをめぐる倫理性
・クリスパー発見から考える日本の科学
neuro-educator.com/crisprcas9/

夏至のタルトを作ってみた。ホイップクリームはやめる。
「一生懸命つくったのが伝わるタルトだね❣️」っていう評価。

明日は、夕方は青山の国連大学で講演に参加する。

今年3月に警察署と地検と両方に提出していた弁護士を刑法130条の住居侵入で訴える告訴状は、先日の6月15日に警察署と地検とダブルで正式に受理されたし。。