ABCD Yokosuka、開催に向けてじわじわと準備。
まあ、今のところ人が居ないのでたいしてやることはないのだけど。なるべく他の団体と絡んでこちらの負荷が溜まらないようにするつもり。

バレーにもAndroidの会にもSBC.にもプラスになるイベントにできればいいけどねえ

モバイルバッテリー、QC対応とかUSB口の形状とかいろいろあるので、鞄の容量が許すなら、一個大容量のバッテリーを持つより、複数中容量のバッテリーを持って適度に交換していった方がいい。
バッテリー自体の寿命もあるし。

Microsoft FlowでたまにRSSのトリガーがうまく動かないの、これどうすればいいの。
たまにリードエラーが起こるくらいウェブサービスなんだから当たり前だと思うんだけど、それで「トリガーの再設定をしてください」とか言われても困るの。

JavaScript、ローカルストレージとかだと端末ごとにデータ保存になってしまって面倒だし、かといってどこかのアカウントと結びつけようとするといろいろ設定が面倒くさいので、「Chromeのアカウントに保存」みたいなやり方でデータを保存するストレージはないものか。面倒くさい

音声認識精度のテストに「ねぇGoogle、ホワイトノイズを再生」が使えることに気がついた。適度にノイズが流れるのでその状況でどう聞こえるかをテストできる。

しかしAlexa Blueprints、Chromeの開発者コンソール開きながら操作してると、更新時にWARNINGが仰山出てくるんだがアレ何かね。

Alexa Blueprints、自由に質問に対する答えを設定できるサービス。しかしどうも、質問文に「アレクサ」という単語が含まれていると、更新時に400が返ってきて「質問の更新処理中」画面が永遠に終わらなくなるという症状が出るような気がする。

しかしAlexaもGoogle Homeもそうだけどさ。ゲームとかなぞなぞとかのホビーに倒したお勧めの仕方をするのはやめたほうがいいと思うのだけど、どうなんだろう(「できることはなに?」とか聞くとそういう回答が返ってくる)。
正直ホビーだったらスマートフォンやゲーム機に絶対に敵わないんだからさ、実用性に倒そうぜ?って。@

スマートスピーカー、今のところAlexaとGoogle Home飼ってるわけだけど、サービス内容のAlexa、認識力のGoogle Homeって感じ。
やはり認識精度では天下のGoogleにそうそう勝てるもんじゃないが、Alexaにしかない便利機能やフィードバックの細かな気遣いがさすがGoogleには真似できないなって。@

現実世界の観察力ってのは、使い方さえ間違えなければ経験値二倍のスキルになりうる。ひとりがマジで経験できる物事なんて限りがあるからな。少しずつでも事象から経験値を稼げないと

知識を身につけるにはやっぱり観察力って重要だなって。
たとえばクリップボードの内部構造についてはCLCL使ったり、クリップボード管理ツール使ってたら察しがつく。Androidアプリのライフサイクルも、アプリのスワイプアウト時の挙動見てたらわかる。

Show more

高見知英's choices:

mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.