Follow

😑 んー。500字入れてみたい。以下コピペ失礼します。 /経営再建中の東芝は、エレベーターなどの社会インフラ、発電設備などのエネルギーといった主要事業を分社化する方向で調整に入った。財務悪化により、建設業法に基づき発電などの大規模工事で受注制限される可能性があるためで、本体から切り離した新会社で建設業の許可を更新できるようにする。分社化で転籍対象となるのは単体従業員の約8割にあたる2万人規模となる可能性がある。
建設業法では、社会インフラなどで自社以外に4000万円以上の下請け契約を必要とする大規模工事で機器を設置する場合、「特定建設業」の許可が必要。この許可を受けるには会社の財務の健全性が求められ、資本金2000万円以上▽自己資本額が4000万円以上--などの条件を満たす必要がある。
東芝は2017年3月期に負債が資産を上回る債務超過になる見込み。今年12月に許可の更新時期を控えるが、現状のままでは社会インフラやエネルギーの事業で受注制限を受ける可能性があり、1兆円規模の売り上げを失う懸念がある。
主要事業を分社化した後の東芝本体には管理部門や研究所など

· Web · 0 · 0 · 1
Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.