自分の選択も探索搾取トレードオフの搾取側に不合理に偏ってるなと思ってた lesswrong.com/posts/NAiot4tXNo

いや、自分が搾取側に偏ってるのは食べ物の選択で、その日読むものとか考えることは探索してる

いつもカフェオレとかりんごジュースとかポカリくらいしか買わないけど、探索行動としてよくわからない飲み物を3つくらい買ってみた

exploitation biasの存在を考えると自由に選ばせるより給食のように食べ物を強制される状況を作ったほうが最終的な報酬が大きいというのが考えられるのでは

I'm curious to whether exploitation bias correlate with ASD.

Also, I'm curious to whether exploitation bias correlate with religiosity.

mstdn.jp/@ayu_mushi/1065219932
そもそも食べ物や飲み物に多椀バンディットのような確率があるのか、一旦食べれば100%決まるのではという気もしてきた

気分によって美味しさが変わるところに不確実性があるかもしれない

・記憶の怪しさによって不確実性が発生する

Blindly worshiping whatever you happened to like in the first, innocent, relatively ignorant situation is sometimes admired as "faithfulness" in society. (Think of religion or love)
So, here is my hypothesis: people are more exploratory in solitude, and more exploitative in front of others.

Think of choosing GF (or BF) using ε-greedy method.

じゃあ一目惚れの方が社会的に高印象なのかってツッコミ

No. The concept of GF and BF itself embody the loyalty(exploitation) norm. What I should have said instead is regulating your sexual/romantic behavior using ε-greedy method. (it would be super cool)

Romantic/sexual satisfactions is far from i.i.d., though.

(not that I know anything about these satisfaction.)

幸福感は相対的だから舌が肥えるとむしろ幸福感が減少すると考えるなら色々試す必要はないという可能性もありそうだな…

つまりhedonic treadmill的な考えを前提にすると、exploitation biasがあるほうがよくなる可能性 en.wikipedia.org/wiki/Hedonic_

Hypothesis: social kinds of satisfaction is unlikely to be i.i.d.

「報酬を最適化して行動するがhedonic treadmillに陥ってしまうためあまり幸福になれない」というのを超えて、hedonic treadmillを考慮して幸福を最大化する主体というのはエキセントリックだね。
どうやればうまくできるだろう。

『その科学が成功を決める』p.223-225
によると、テレビを見るときチャンネルをよく変えたりするようなマクシマイザー人間は収穫は多そうに見えるが、欲しい物を手に入れるまでに時間がかかり、手に入れてももっといいものがあったのではないかと思い悩むため、満足度が低いようです。

時間がかかるという部分は、exploration 側にバイアスが寄っている人・場合もあるということを示唆していそう

意思決定理論的には点数が高い方がよさそうなのがありますが、後悔や不安、時間の無駄につながるとのこと

まあテレビ番組の視聴による報酬を表す確率変数はお互いに独立ではないからね

hedonic treadmillみたいに過去との比較でしか現在の満足度が決まらない領域について努力しても基準が上がるだけで無駄になるからそうならないような領域に労力を投下するというのがよさそう(?)

将棋でも、自分が使う戦法のパターンは割と限られている
今はわざわざ新しい戦法を習得するほどの将棋に対するやる気があるわけでもないし

exploitation bias: 無差別曲線が原点に対し凸にならない?

exploitation biasはソフトウェアやツールの選択にも影響を及ぼす?

[完全な人間は毎日同じメニューを食べる - うつし世はゆめ / 夜のゆめもゆめ at-akada.hatenablog.com/entry/ ]

Follow

exploitation bias 

"いや、自分が搾取側に偏ってるのは食べ物の選択で、その日読むものとか考えることは探索してる" mstdn.jp/@ayu_mushi/1064416965 といったけど、読むものもMencius Moldbug(カーティス・ヤーヴィン)しか読んでないみたいな時期あるし、VTuberもましろくんしか見てない時期長い気がするし、それもexploitation biasだ。
(声: そうやって当てはまる事例を探してくるのは確証バイアス? ここで書くため?)
…自分の親は同じ新興宗教の信徒として出会ったのだけど(隙あらば自分語り)、自分もカルトにハマる素質があるかもしれぬ
家族に視野狭窄の傾向がないか聞いてみたい
(声: 根底的帰属の誤りでは?
状況要因の例: YouTubeの検索欄に検索履歴があり、リコメンデーションもある。URL欄にも履歴がある)

· · Web · 2 · 0 · 0

うちの宗教についてお母さんに聞いたところ、母方でも父方でも病気をきっかけに信仰をはじめる/深めるというパターンになっていた
というかお父さんは途中で信仰をやめたので、視野狭窄でない可能性がある

宗教 

自分がうちの宗教に疑問を持ったのは小6くらいにミチオ・カク『パラレル・ワールド』を読んだあたり(科学番組もある。進化論の影響も?)で、そのあと宗教より科学を信じるようになったけれど(記憶怪しい)、でも宗教の主張の根拠のような認識論的なこと(Argument from miraclesとか)を問わなかったので、正しい理由から宗教を退けたわけではない
つまり、 "Like becoming an atheist at eleven, then listening to a theist's best arguments later in life, and concluding that your initial guess was right for the right reasons." lesswrong.com/posts/R3ATEWWmBh というわけではない

小6~中1くらいで、宗教の道場に行かない理由を、すぐ死ぬわけではないしと説明していたし、具体的にいつ信仰を失ったか明らかでないけど、たんに反抗期に伴うものな気がする。合理的なものでもない

ミチオ・カク『パラレル・ワールド』、ワインバーグが宇宙に究極の目的はないといって宗教家をからかったみたいな話があって、それを当時気に入ってたような

うちは宗教なのですごく裕福ではないだろうという気がしていたけど実際にはうちはSSR実家のような気がする

家族、濁毒と言霊と因縁の世界に生きているのすごいな

そのわりに進化論前提にしてる本読んでたけど

自分はランキングとかおすすめ定食みたいな他人の判断より過去の自分の経験を元に判断しがちだから他の人よりexploitation biasになる、という可能性はある。けど、学食では日替わりランチを食べることが多い

「自分の親は同じ新興宗教の信徒として出会ったのだけど」→「自分の両親は同じ新興宗教の信徒として出会って結婚したのだけど」

カルトといえば小さい頃のアンサイクロペディアの長文を読むのはなんとなくカルト的な心境
リンクが自サイト内につながってて閉鎖的な世界を構築しているっていうのをカルト感だと思っていて、それはなんか好きだし、Scrapboxでそういう雰囲気をだすと面白いとは思う

ヤーヴィンの超長文怪文書を読むの好きだったしやはりカルトにハマる才能がある(?)

学食は割と色々頼んでる気がするから食べ物がexploitation biasなのは小さな頃の話なのかもね

「機会費用的サンクコスト」みたいな概念を導入して、サンクコストを合理化すると仮定すると、ずっと同じ選択をし続ける理由が説明できる(もし同じ選択をしなければ、過去の自分は最適でない選択をして時間を無駄にしていたことを認めることになる)と思ったけど、検索欄やURL欄に履歴があるからみたいな理由のほうが倹約的な気もする

私達は履歴に基づく補完みたいな自分がコントロールしていないものに行動を影響されてる
それらを技術的に分析したり制御したりすべき?

慣れないことをすると知識がないのが露呈することをおそれてexploitation biasになる?
もしそうなら、他の人の前でのほうがそうでないときより、exploitation biasが大きい

同じ相手との関係を維持するために性癖には強めの確証バイアスがかかることが適応的だったとかありそう?
exploitation biasでも説明できるけど

でもエロ動画を探索しすぎて時間を消耗するってことがあるっていうことは、exploration側にバイアスが偏っていることもあるということ?

イデオロギー、同じような思想の人間の文章が面白いということでexploitation biasした結果形成されたもので、性癖の形成と変わらない

音楽を聞く時はYouTubeをバックグラウンドで再生して自動再生するとexploitation biasの緩和にいいことがわかった

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)