Follow

人間は偏見に満ちあふれているというが、実のところ、決め打ちで行動する部分がなかったら、一日も暮らすことはできないのだ。

1万種類の商品が売っているスーパーに言って、そのうち5種類だけを選ぶとしよう。1万から5個を選ぶ組み合わせ数は実に83京(8.3e+17)もある。

馬鹿正直にやるなら、それら83京の組み合わせの一つ一つを効用関数に入れて、もっとも効用の高い組み合わせを選ぶことになる。だが、こんなコストの高い計算をいちいちやっていられない。

人間は、莫大な選択肢の中から、絶えずあまり考えることもなく、一つのものを選んでいる。他の人から見るとその選択が馬鹿げたものに見えることもある。だが、馬鹿正直に選択肢をすべて評価して全く判断が下せなくなるよりはずっとマシなのだ。

人間は絶えず間違えるが、それでも判断が下せる分、機械よりはずっと賢いのだと思う。たとえそれがどうしようもない独断と偏見にまみれていても。

· · Web · 0 · 1 · 2
Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)