[いいね★は、決めれないのだよ]

たとえば全部で10個、その中から最も好きなのを1個だけ選べというのなら、出来るかもしれない(選べない場合もある)。
ところが投稿者は多いし、その中の一人が書く投稿数も多い。
つまり全体が判らないのに、どうやって「他とは違う特別な1個」を決めるというのか、私には理解できない。……他の人たちは、どうやって判断しているのでしょう。

そりゃ私だって、過去にいいね★をしたことがある。しかし、上記のような理由で、だんだん混乱し、やがてボタンを押さなくなった。
ただしyou-tube動画は、制作者が欲しがっているので、とりあえず見て、特に否定する理由がなければ、「見たよ」という意味で、いいね★をする。

なので当分は、「ふ~ん」と読むだけです。[終]

[いいね★で、ランキング]
いいね★は、いい加減な評価だといえる。確かな根拠を欠いた曖昧な投票。
そういう曖昧なものをランキングに反映させるのは、とても困る。

いいね★が多いとランキングの上位に表示されて、より多くの人の目にとまり、ますます読者数が増える。

しかし、いいね★が少ないとランキングの下の方に表示され、埋もれてしまい誰も読みに来ない。

なので、いいね★獲得のために、参加者は必死になる。

じゃあ、どうすれば獲得できるのか。いいね★がつくのか?

あっと驚く出来、すごくインパクトがある途方もないもの。そういう規格外というか、群を抜いたものだと、いいね★がつきやすい。

素人たちがドングリの背比べをしているところへ、プロの業者がドカドカ入ってきて、圧倒的な実力差・物量の差を見せつけると、いいね★がつく。終

[補足]
素人たちがドングリの背比べをしているときは、すべての参加者が、書き手であり読み手であった。両方を兼ねていた。
そこへ業者が入り込むと、読み手専門でいいね★を与えるか、書き手として張り合うかに分かれる。でも張り合ったところで勝ち目はないから、その場から去っていく

Follow

[マストドンのいいね★は、いいね]

マストドンで書いていて、いいね★が1個でもあると、すごくうれしい。
0個と1個とでは全く違う。0個なら0%だけど、たった1個でもあれば0%ではない。限りなく0%に近いとしても、0%ではない。この違いは大きい。

twitterなら、インプレッションだのエンゲージメントを見れば、読まれているか否かの見当がつく。他のサイトならpv数が参考になる。

ところがマストドンは、pv数がわからない。だから、まるで誰にも読まれることなく書いているような、孤独な気分になる。
そこへ1個でも、いいね★があると、「読まれることもあるんだなあ」と、少し感動する。終

[追記]
・マストドンは、いいね★の数は関係ないので、気が楽でマイペースでやれる。
・Twitterのインプレッションやエンゲージメントは、10年前には無かった。だから、いいね★が判断材料で、いいね★がつくまで過激さがエスカレートしていった。(ファボと呼んでいたらしいが、忘れた)
・私は、小説投稿サイトと漫画投稿サイトで、1個もいいね★がつかない。ずーっと原因を考えているが、判らない。(…まるで入試みたい)

· · Web · 1 · 0 · 0

[いいね★は、いいの?]

小説投稿サイトでも漫画投稿サイトでも、投稿者たちは、いいね★を多く獲得しようと作品を投稿し続け、頑張る。……当たり前のことだ。

ここで、改めて思うのだが、
もし、いいね★というものが正しい評価ならば、それらの作品は正しい方向へ導かれていく。
しかし、いいね★というものが間違った評価なら、それらの作品も、トホホな方向へ導かれてしまうのではないか。

いいね★の評価は、正しいのか、それとも間違っているのか。
いったい、どちらなのだろう?

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)