140字が遠い。(現在、ネット休止中)

twitterに書くこと(ネタ)が無くなった。
……まあ、twitterの動作・反応速度が遅いのが、主な原因なのだが。(いちいち待たされると、書く気力が萎えるのよ)

スマホを見てても、部屋は片付かない。

5000円や1万円で、玩具のような中国製プリンターを買うくらいなら、手書きしたものをコンビニのコピーで縮小する方がマシだと思う。(1回、5円だし)

Show thread

[通信量を節約]
年末にギガ不足なんて嫌だから、スマホを触らないようにしている。
(年明けは心配せず動画を見れるけど、なんといっても問題は、年末なのだよ)

[プリンター]
年末年始はプリンター商戦の時期ですが、私は日本製のプリンターには何の興味も無い。もうね愛想が尽きてしまい、家電量販店でも素通りですよ。

コピーはコンビニで充分だし、しいて欲しいプリンターは?というと、こういう単純な熱転写プリンターなのよ。
ただ、中国通販というのが、どうもね。

お風呂掃除の時に、シャンプーやら何やら、毎回いちいち持ち上げて拭いてたんやけど、ちょっと前から100均で売ってる珪藻土のコースターを敷くようにしてから、その手間がなくなったのでおすすめ

[プリンター]
エプソンとかキャノンのプリンターを使える自信がない。(普通に文章を白黒で印刷したいだけなのに……)

マストドンのタイムラインは、タイムラインらしい。(今のtwitterは、なんだかなあ。順番とかグチャグチャ)

もう、しょうがないから、マストドンを見る。

[釣り見出し]
見出しが大袈裟すぎる記事や動画は、だんだん訪問するのが億劫になる。
(「どうせ、また釣り記事だろう」と、読まずに済ます)

作業ズボンのゴム交換した。(1時間)

ツイートアクティビティ(読まれた数)だけが、twitterでやる意味になってしまっている。

twitterにできなくてマストドンにできること、それはtwitterへの愚痴・悪口。

twitterは……。(言いたいことは、いっぱい有るのだよ)

お喋り(音声)だったら、すぐ消えるのに、文字だと、いつまでも残ってしまう。

何を書いたんだっけ?
(ものの見事に忘れている)

[続き]

弟子「なるほど、武器商人は、そうやって盾突ついたのか」
師匠「いいや、矛先をかわしたのさwww」

弟子「……(怒)」
弟子は、いつか殴(なぐ)りたいと思った。

【終】

Show thread

矛盾
[ショートコント編]

師匠「どこまで話したっけ」
弟子「矛と盾を売っていた……までです」

師匠「おお、そうだった」
弟子「で、矛で突いたんですか?」

師匠「いや、突かなかった」
弟子「どうして?」

師匠「商人が盾を突いたからさ。
わはははww」
(注「盾突く」のこと)

弟子「………。(くっ、下らない)」
【終】

[客vs商人]
客A「その矛で、その盾を突くと、
どうなるかと訊(き)いておるのだ」
商人「……」

客A「答えられまいww」
商人「じゃあ、試してみますか?」

客A「へ?」
商人「やれば、解るから」

客A「ははは、観念したか」
商人「はい。
お客さんは、この盾を持って」

客A「ああ」
商人「いきますよ」

客A「ま、待った」
商人「チェストーッ」

客A「待てと言っておる」
商人「せっかく、やる気になったのに」

客A「ワシが矛をやる」
商人「えーっ! できるの?」

客A「ばかもの! こう見えても」
商人「はいはい。じゃあ、矛ね」

というわけで、客が矛を持ち、武器商人が盾で構えた。

Show thread

矛盾
[ショートコント編]

弟子「師匠」
師匠「何だ?」

弟子「矛盾って、どういうことですか?」
師匠「………」

弟子「師匠?」
師匠「お前には矛盾があるのか?」

弟子「は?」
師匠「お前は、矛盾などという下らないものを抱えているのか?」

弟子「い、いえ」
師匠「なら、気にするな」

弟子「しかし」
師匠「気にするなっ!」

 (中略)

師匠「矛盾か」
弟子「はい、矛盾です」

師匠「昔、楚の国に」
弟子「はあ(ため息)」

師匠「おい!『その国』じゃないぞ。『楚の国』だからな」

弟子「知ってますよ、そんなこと」

師匠「昔、楚の国に、武器商人がいて」
弟子「はいはい。矛と盾を売ってたんでしょ」

師匠「鼻糞を、ほじるな!」

【終】

Show thread
Show older
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)