技術書典で頒布した本が内容にかなり誤りや稚拙な点が多かったことに加えて組版関係の高度な技術を何も知らずに分野に足を踏み入れてしまったために分野の警察とよばれる存在を知って心がメタメタになってしまった、正直もう今後の技術書典に出るだけの灯火が消えて、つらい

@wakamesoba98 人間は間違うものかつ、一人執筆・編集なので、まあ無理があるよね、というお気持ち。正誤表を用意するだけでいいのでは?

@hadsn リプライありがとうございます。このような事態になることはわずかにですが想定していたため、実は書籍の最後に正誤表のURLを載せておいてあります。今後はURLの正誤表を、責任を持って更新するかたちになります。一人作業にも限界を感じていたので、活動のあり方事態を見つめ直すきっかけにもなると思います。

Follow

@wakamesoba98 内容はやらかしてしまったこととして、体裁に関してはうるせえバカという対応でいいと思うんすよ。人間できることには限界があるけど、文書を増やす方が体裁を整えるよりは重要だと思うので

· · Web · 0 · 0 · 1
Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)