【箱根仙石原プリンスホテル】箱根ガラスの森美術館のクリスタル・ガラスのツリーと希少な箱根西麓牛をクリスマスに味わう
princehotels.co.jp/hakone-seng

クリスタル・イルミネーション
hakone-garasunomori.jp/garden/
期間:12月1日から12月25日
12月の夕暮れ時は一層ロマンティックに…
午後4時頃からクリスタル・ガラスのクリスマスツリーをライトアップし、庭園内の橋や通路にキャンドルを灯します。

展示作品のご紹介:セダープレート
(19世紀|ヴェネチア)

過越祭(すぎこしのまつり)で使用する大皿。過越祭とは、モーゼ率いるイスラエル人がエジプトを脱出できた事を祝って毎年行うユダヤの三大祝節の一つである。「過越」とは、イスラエル人救出の為、神がエジプト人の長子と家畜の初子の命を奪っていった際、子羊の血を門や柱に塗ったイスラエル人の家を「過越」していった事に因む。苦菜(西洋わさび)、クルミとリンゴを混ぜたハロセット、子羊の前脚のロースト、固ゆで卵等六種類の食品が大皿に並べられる。「最後の晩餐」は、受難を前にしたキリストが弟子達とエルサレムで祝った過越祭の場面だと言われている。

2019年クリスマス企画展
ヴェネチアン・グラスで読み解くクリスマス物語
会期:2019年12月1日(日)から12月25日(水)まで
hakone-garasunomori.jp/event/c

箱根ガラスの森美術館の体験工房“ヴェトロ”では、様々なガラスを組み合わせ、熱を加えて熔かし合わせるフュージングという技法を使い、アクセサリー作りを行っています。 季節限定モチーフとして「クリスマス・リース」などをご用意いたしました。

季節限定モチーフ:2100円より

hakone-garasunomori.jp/atelier

展示作品のご紹介:聖ニコラウス文聖水瓶
16世紀 (ヴェネチア)

胴部両側にガラスのリボン装飾が付けられた聖水容器。表側にはサンタクロースのモデルである聖ニコラウスが司祭服姿で描かれています。聖ニコラウスは四世紀のトルコで司教を務めていた人物で、様々な伝説が残されています。なかでも、三人の貧しい娘を身売りから救うため、お金の入った袋を窓から家に投げ入れた話は広く知られており、その慈愛に満ちた姿から、子供たちにクリスマスプレゼントを届けるサンタクロースへと変化しました。

2019年クリスマス企画展「ヴェネチアン・グラスで読み解くクリスマス物語~Buon Natale~」
hakone-garasunomori.jp/event/c

「関東運輸局」マイカー等で箱根エリアに来訪される皆様へ~改訂版『箱根町観光交通マップ』のご案内~
wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/d
関東運輸局では、箱根エリアにおける円滑な観光交通の実現に向け、箱根町等の関係者と連携して『箱根町観光交通マップ』の改訂版をとりまとめました

箱根でイルミネーション&日帰り温泉旅!3つの美術館&ミュージアムが光り輝く|ウォーカープラス
箱根といえば温泉だが、とりわけ温かい湯に心も体も癒されたくなる冬の季節に訪れるなら、イルミネーションもあわせて楽しみたいところ。こちらも箱根名物の有名美術館の数々も、趣向をこらしたイルミネーションに彩られている。
walkerplus.com/article/214462/

カフェ・レストラン冬の新メニュー「いちごのパフェ」期間限定でご用意いたしました。

箱根海賊船でイルミネーション 「クイーン芦ノ湖」を無料開放 12月の3日間
イベントは、各日17時から18時まで、元箱根港桟橋に停泊した海賊船「クイーン芦ノ湖」にイルミネーションを施し、船内を無料開放する企画。12月22日(日)のみ17時40分から18時40分までの実施となる。

funeco.jp/news/queen-ashinoko-

伝統的製法と厳選した素材にこだわった「ヴェンチ・チョコレート」。特別パッケージが入荷いたしました。

数量限定、水車小屋アチェロにて販売中です。

カンツォーネクリスマス特別コンザート
16:00 からの公演を通常より15分延長し、30分間存分にカンツォーネとクリスマスソングをお楽しみいただけます。

開催日:2019年12月1日~20日、12月23日~25日
クリスマス期間カンツォーネ演奏時間
11:00~11:15 12:00~12:15 13:00~13:15
14:00~14:15 15:00~15:15 16:00~16:30

東京新聞:ガラスのツリーに復興への思い託し 「世界唯一」箱根ガラスの森美術館に登場:神奈川(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/article/kanagaw

クリスマス開館時間延長
hakone-garasunomori.jp/garden/
箱根ガラスの森美術館では、2019年12月21から24日の四日間、閉館時間を午後7時30分(ご入館は午後7時まで)に延長いたします。
ライトアップされたクリスタル・ガラスのツリーの幻想的な姿もご覧になれます。

「パネトーネ・クラシコ」
クリスマスから正月にかけて食べられている、イタリア・ミラノの伝統焼き菓子。生地に干しぶどう・オレンジピール。レモンピールが練りこまれています。

数量限定、水車小屋アチェロにて販売中です。
650円



砂を吹き付けてガラスに模様を彫る、箱根ガラスの森美術館サンドブラスト体験工房では、クリスマス限定モチーフなどをご用意いたしました。

体験料金:1300円より
制作時間:約30分から40分
hakone-garasunomori.jp/atelier

箱根ガラスの森美術館庭園のカモ。時々通路の真ん中に居て動く気も無いようなので、つまづかないようご注意ください。

クリスタル・イルミネーション
hakone-garasunomori.jp/garden/
期間:12月1日から12月25日
12月の夕暮れ時は一層ロマンティックに…
午後4時頃からクリスタル・ガラスのクリスマスツリーをライトアップし、庭園内の橋や通路にキャンドルを灯します。

展示作品のご紹介:磔刑図
(18世紀|ヴェネチア)

十字架上でのイエス・キリストの死は、5世紀以降様々な表現方法を用いて描かれてきた。この作品は磔刑図の他、四隅に四人の福音書記者、十字架上には傷口から流れ出たイエスの血を受け止める天使などが肉厚のエナメル彩により描かれている。
また、両足を十字架の横木に乗せ、二本の釘で固定されたイエスの姿や、十字架下のされこうべ等、東方正教会の影響が見て取れる。
新約聖書のマタイ福音書では、ゴルゴダの丘を「されこうべの場所」と記している。このされこうべは最初の人アダムのものだとされ、イエスがアダムの埋葬場所で、その子孫に救済をもたらす事を示している。

企画展:ヴェネチアン・グラスで読み解くクリスマス物語
hakone-garasunomori.jp/event/c
会期:2019年12月1日(日)から12月25日(水)

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 10/22(火) 10:07頃より高いアクセス負荷が観測されており、サービスの運営に支障が出る状況のため、一部のアクセスを制限しておりましたが、制限を解除いたしました。(11/18更新)