Show more

本当にあの人たちは、自分とお仲間の(目先の)利益のため以外には一銭も出す気はないらしい(わかってたけど)。

みんな田舎になってしまえ!(シマック『都市』の世界希望)

みんな本当に心配じゃないのか。

三連休の人出があれだけあったら、二週間後の学校始まりが心配だという話を職場でしていたら、「コロナの話好きだねえ」と流されました。こんばんは!

おはようございます。今日はちょっと大きめの会があるのでマスクして出かけます(それでも30分で終わる予定)。

『コドモクロニクルⅠ』7割。あったあったという子供時代と、えーっそんなことがという子供時代と、そうかそんな風に見てたのかという子供時代とが次々に現れてきて楽しい。続きは明日。おやすみなさい。

ところで、昔NHK- FMで『発狂した宇宙』のラジオドラマをやってたのを覚えている人はおられるだろうか。

フレドリック・ブラウンSF短篇全集2『すべての善きベムが』読了。ブラウンは実はそれほど読んでなくて、アンソロジーで短髪で読んだり、漫画化されて読んだりしてるものの方が記憶に残っている。陽気な作品もダークな作品も両方あるが、この本の中で好みを挙げるなら、陽気なものなら「ウェイヴァリー」「狂った惑星プラセット」、ダークな方なら「さあ、気ちがいになりなさい」「最終列車」あたりかな。

三連休は実家業務以外家にこもって本を買ったり読んだりしてた。市内にブックカフェができたことも聞いたが結局行けず(行かず)。明日からもおこもりしたいがそうもいかないのが辛いところ。

おはようございます。ニチアサのジャーゲン。引き続き読書。

おやすみなさい。明日も本が読めるぞ。

フレドリック・ブラウンSF短篇全集『すべての善きベムが』途中。覚えているのもあり覚えていないのもあり。「夜空は大混乱」(狂った星座)の舞台が1980年代だったとはなあ(人工衛星は真空管使ってるけど)。「狂った惑星プラセット」(クレイジイ・プラセット)は坂田靖子の絵柄で再生される。

おはようございます。朝起きてすぐ窓を開けたほど暖かい。とりあえず燃えるごみを出さなくては。

軽いものが読みたくなって、眉村卓のエッセイ集『しょーもない、コキ』と『フレドリック・ブラウンSF短篇全集』の2巻を交互読み中。『コドモクロニクル』も読み中なので、何冊交互読みかだんだんわからなくなってきた(これでも通常進行)。

 アルベール・カミュ『ペスト』読了。アルジェリアの街オラン(当時は仏領)にペストが蔓延し終息するまでを描いた小説。物語というよりも淡々と事実だけを記録するルポルタージュのよう(終盤まで読んで語り手の謎は解けた)。多分あちこちで指摘されているだろうが、現在の頃なの状況と共通するところが多くてちょっと辛い(今の方が通信の発達した分だけ状況を俯瞰で見られる分気持ち的には楽かも)。小説の下敷きになるようなペストの流行が実際にあったかどうかは調べてないのでわからないが、戦後すぐの刊行だったので、戦争の影は当然なるのだろうなとは思う。
 翻訳は1971年刊行の全集本なので訳文に古さは感じるものの(現行の文庫も同じ訳者か)読みにくくはない。ただ、「カミユ」の表記になっているのがちょっと気になるところ。

おはようございます。子ども科学電話相談が始まっているのに気づいて慌てて聞き始めました。

なかなか読み終われない『ペスト』ももう少し。だけど今日はもう寝るよ。おやすみなさい。

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 【重要: msdtn.jp / mastodon.cloud サービス終了について】 ここ最近、インターネット上おける誹謗中傷に対する対応について、各社のニュース・SNS等で話題となっております。 参考ニュース例: https://www.jiji.com/sp/article?k=2020052500387 これらの影響に伴い、今後、訴訟や開示請求がより一般的となることや、 政府機関からの対応強化の指示、並びに法制強化などが実施される可能性が予想されます。 しかしながら、弊社の現在の体制ではそのような場合の事務負担増に耐えきれず、適切な対応が困難なことから、 mstdn.jp ならびに mastodon.cloud について、2020年6月30日をもってサービス提供を終了することにいたしました。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 ※運営の引き継ぎをご希望される会社様がおられましたら、Eメールにて sns@bunsan.social までご連絡お願いいたします。