Follow

日本書紀の百舌鳥耳原の文章は

「六十七年冬十月庚辰朔甲申、幸河內石津原、以定陵地。丁酉、始築陵。是日有鹿、忽起野中、走之入役民之中而仆死。時異其忽死、以探其痍、卽百舌鳥、自耳出之飛去。因視耳中、悉咋割剥。故號其處、曰百舌鳥耳原者、其是之緣也。」

(仁徳67年冬10月。河内石津原を陵地と定めた。工事が始まった。鹿が野から飛び出て役民(労働者)の中に走り込み倒れ死んだ。死因を探ったらモズが耳から飛び去った。耳の中は食い荒らされていた。なのでこの地を百舌鳥耳原と名づけた。)

だけなのに、ネットで調べたら、人を襲おうとした鹿をモズが勇敢に退治した。その功績を讃えてその地を百舌鳥耳原とした、という解説があり、なんでどうでもいい意味を付与したがるのだ、と腹が立った。
鹿が死んだ。モズに耳から頭の中を食い破られたのだ。モズすげぇ!
でいいじゃん。
apartment-home.net/long-visite

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 【mstdn.jp / mastodon.cloud サービス譲渡のお知らせ】 mstdn.jp ならびに mastodon.cloud について、サービス終了のお知らせ以降、譲受希望のお問い合わせを複数いただきました。 その後の検討や準備などを進めた結果、当該サービスについて、6月30日をもってSujitech, LLC.へ譲渡することを決定いたしました。 よろしくお願いいたします。