@keiobe2016 西沢ツールは改行コードがLFだとエラーになる。

中鉄はβ版だからあきらめて外すか。

@keiobe2016 西沢ツールは諦めて自作ツールでなんとかするか。それにしても長距離はあらかじめ外すしか手がないかな。

中鉄のGTFSはエラーが出ていけない。

@keiobe2016
岡山県のGTFSをマージしたのだが、これでやったら1時間くらいはかかるかな。
中鉄は高速バスが入っているし……

宇野バスのGTFSから西沢ツールでshapes.txtを作ったら20分くらいかかった。
4はなんでこんなに遅いんだろう。

岡山県立図書館はバス路線便覧をはじめ交通関係の資料が充実している。

同一区間を複数回通る時のかきわけができないという問題がある。

LeafletのmarkerにdivLconをつけて停留所名ラベルをつけた。
デザインの調整が面倒くさい……

Leafletで曲線を描くのはプラグインを使うかSVG直書きでないとできないのかな。

東西線西行きに乗って、南向きに座って、ふと気がついたら方向感覚が狂っていた。

busmapjsの分割見直しは大方目処がついた。
あとはバグとりと出力部分をLeafletに対応する書き直しくらいか。

今はここからでもトゥートできる?

それはいいとして、バスマップサミットで行われるらしいバスマップハッカソンというのは、私の知る限り初めての試みだと思う。
ただ、主催者側が言っているように、業界人口が僅少(私が知る限り1桁?)なのが……

学校というのもあれで、特に中等教育や高等教育の通信化も進みそうなものだし。
知的財産のあり方というのもあるか。

@keiobe2016
行政サービスというと、電気、ガス、上下水道とかあるが、地方では無人運転による費用削減によりどこまで車両輸送が強くなるかも気になる。
あと、居住の問題。果たして人はいつまで定住なるものをするのか。情報は紙から電子媒体へ、衣服や物は共有へ、となると、人がどう住むようになるかも気になるところ。合わせて、家族のあり方も。特に親だけに負担が集中する育児のあり方とか。

無人運転の未来 雑感
私はコンパクトシティなるものが嫌いである。何が嫌いかというと、半端な集中を行政主導で進めるところだ。
無人運転ができると乗合タクシーが普及し、特に地方では自家用車や路線定期運行のバスは衰退すると推測される。これこそ半端な集中だといわれるかもしれないが、最適化するとその辺に落ち着きそう。
路線定期の何がいいかというと、予約なしですぐ乗れることだが、本数が少なければ予約制に効率が劣ろう。

川の防災情報にアクセスできないのはかなり致命的な気がする。ダムの貯留状況を調べるのに時間がかかる。

@keiobe2016 nomoduleで回避しようにも、nomoduleとだけつけたらXHTMLの文法を逸脱する。nomodule=”nomodule”としてみたが、Chromeはmodule対応なので無視される。しかも、古いSafariはnomodule非対応で、moduleがあると他のscriptまで動かない。これは手に負えない。

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 10/22(火) 10:07頃より高いアクセス負荷が観測されており、サービスの運営に支障が出る状況のため、一部のアクセスを制限しておりましたが、制限を解除いたしました。(11/18更新)