AZ さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

世界最大の「mstdn.jp」を立ち上げた大学院生“ぬるかるさん”は一体何者か その素顔とドワンゴ入社が決まるまでの10日間に迫る (1/7) - ITmedia NEWS itmedia.co.jp/news/articles/17
拝読しました。なるほどなぁと。

元上司という文字列だけを素直に解読するならば転職なされたんですかね某Pさんは
いずれか経緯を言います的な発言していたと思うけれど

ここと、ぱうーが、世界中でのユーザー数の一位と二位で抜きつ抜かれつらしいと聞くけれど、いずれにしてもまた日本かいって思われてそう。あと、その二箇所兼務な人も多そう。

mstdn.jpに来ましたのは先人がいたので付いて来ただけなんですが、その後に誕生のいくつかは特色を感じ過ぎて選ぶのに強い理由もなく、大規模に身を置いてリモートフォローでぼんやりしておくくらいがちょうど良いかと考えていたのですが、ここへ来てドワンゴが関わるとのこと、どれくらい企業色を出して来るのかどうなるのか。乗っかってる身なので文句も何もないんですけどね。

@fmty 今まで出来ていた手順で出来なくなったとなると不思議ですね。ユーザー個別にエラーとなるとアカウント削除や凍結を疑ってしまいますが。全体でもアップデートなど頻繁に状況が変わってるようですし待っていれば解決するのかもしれませんね…。
そして初めてリプライ機能を使ってみました、無事に届くようですね。特に名乗らずにおりまして不審ですみませんでした。

@fmty こちらからは普通に見られるようなのでサーバー落ちではないようです。仕組みがよく分かりませんが。

マストドンに「Twitter公式」名乗るアカウント大量発生 もちろん偽物 - ITmedia NEWS itmedia.co.jp/news/articles/17
早速こんな状況。確かに見かけたこれ。

どこのインスタンスもしっくり来ないと思いつつ撤退するでもなく残留している。メインの居場所にはなり得ないな。

リモートフォローしている人でもすべてのトゥートがタイムラインに流れて来るわけでない様子なのが何の仕様によるものか分からない。個人のホームまで見に行って初めて気がついた。
例えば私は「公開タイムラインに乗せない」をデフォルトにした。非公開アカウントではないので「フォロワーだけに公開」ではない。さて私のトゥートは誰にどこまで読まれているのか。

当初より「マストドンでしか得られない情報・マストドンにしかいない人」がいない限りはここにいる必要はないなと考えていたのだが、まさかそれを一番最初に満たしたのがTwitterにいられなくなった4.5P氏とは。

マストドンについて一つ考えが及んだのがTwitterと比べて企業アカウントが参加しにくいだろうなと。何らかのインスタンスにアカウント作成するのも窮屈だろうが独自インスタンスを作れるほどの一般企業はまずないだろう。

AZ ブーストされました

私,nullkalはこの度ドワンゴに入社し,引き続きmstdn.jpを運用していくことになりました.friends.nicoさんとはいい協力関係を築いてゆけたらなーって思っています.今のところ二つの統合予定はありません.

“閲覧注意”のテスト もっと見る

閲覧注意というのは画像ファイル以外にも付加できるのか?

“SNSの台頭は人を幸せにしたか?”について終わりのない考察を続けている。
まず幸せの定義から必要かもしれない。

AZ ブーストされました

マルチアカウント対応のデスクトップアプリ出たようですね。 @Linda_pp さんによるmstdn.app

github.com/rhysd/Mstdn/release

AZ ブーストされました

MastodonをやってるTwitterの友達を探すのにはMastodon Bridgeが便利ですよー。Mastodon垢とTwitter垢で認証しとくと他の人が自分を探せるようになるのでやっておくのおすすめです mastodon-bridge.herokuapp.com/

例え私が人の幸福を祈ろうが不幸を願おうが何ら影響を及ぼすことのない無力そのものだから勝手にさせていただきます。

世の中には、どうか幸せでいて欲しいと願う人と、自分に関わりがない限りどうでもいいやと考える大多数の人と、こいつがそのまま幸せになることは絶対に納得いかないと思う人がいる、というのが個人的な思想であるけれど、そのように身勝手に分類された人々もまた似たようなことを私に対してや他の人々に対して感じているのだろうかと思うと、どう表現して良いかわからぬむなしさを覚える。