「スウェーデンの100万人以上の健康記録を分析し、虫垂炎などによって虫垂を切除した人のパーキンソン病発症リスクが、切除していない人に比べて19%低いことを発見しました。」 | 人には不要だとされている内臓がパーキンソン病の発症に大きく関わっていることが gigazine.net/news/20181102-app

Kenzi NOIKE (mstdn.jp) (求職中)
フォロー

「また、虫垂が、変異したα-シヌクレインと呼ばれるタンパク質を貯蔵していることも判明。このα-シヌクレインはいまだ機能が不明なタンパク質。何らかの原因で構造が変異した異常なα-シヌクレインは、パーキンソン病をはじめとする神経変性疾患を引き起こすと考えられています。」

仕組みがわかったわけではないので「判明」したわけではないな.ただ,関与している可能性は非常に高そうだ.

ログインして会話に参加
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.