女の子の人、部屋着を見せてください。お願いします

いくらならパンツ売ってくれますか?

顔写ってる画像アップしてください。美人ですか?誰に似てるって言われますか?

いつ上げてくれますか?何分後に上げてくれますか?コメントしていいですか?好きですって言っていいですか?

新しい下着の写真インスタに上げてください。

偶然隣席になった同担のリアコの女の子が推しのファンサに泣き崩れるところを見たい、そして「よかったね、今の絶対あなたのこと見てたよね」と言って余計に泣かせたい

カスタムキャストで「わたしがかんがえた理想の若俳オタク(リアコ)」をつくってあそんでいます

でも名前も知らない君に伝えたかった 今もうすこしでパンツが見えそうだったと

もうちょっとでパンツが見える、そう思っても覗かないのがたしなみというものです。

同ユニ他担のリアコの女の子と現場行って「リアコつらい、担降りしたい」って泣きつかれても「泣かないで、貴女の気持ちは必ず彼に届いているよ」と支えてあげたい

たいへん天気が良く、わたしたちはプールに遊びに来ています。想像上の彼女は、日焼けを気にしている様子です。フレアトップの水着が、とても良く似合っているのです。塩素の匂いが、懐かしいように感じられます。

想像上の彼女は、パジャマ代わりにブルーのショートパンツと、わたしが貸したTシャツを着ています。

想像上の彼女は、うちに泊まって宿題をやっています。それというのも、金曜日にプールに行きたいからなのです。

わたしの事を、嫌いになった?艶やかな黒髪を几帳面に編み上げた後姿に、わたしは声もなく問うています。今朝まだよく目もあかないうちに、洗濯するから着替えてちょうだい、とわたしの寝間着を取り上げて、それきり話していないのです。昨日の真夜中、わたしはふと、あなたの手をとってどこか外に出てゆきたい、そんな気持ちが抑えられなくなったのです。星が見たいなどと出鱈目な我儘を押し付けて、ちいさな寮の部屋を抜け出して、夏の夜の温い空気、裏庭のやわらかな草、星などひとつも目に入らない、わたしに見えたのはあなたのしろい肌だけ。あれは、口に出してはいけないことだったのでしょう。わたしの事を、嫌いになった?いつだって背すじの伸びた美しい背中、昨日わたしの腕の中にあったその総てに、そんな一言も、かける勇気がありません。わたしは穢い、穢いいきものになってしまったのです。

全寮制女子音楽学校の生徒たるわたしは、先程洗ったばかりの2枚の寝間着を干し終えて、他のクラスメイトがこれを見たとき、どのように言い訳するかを考えているのです。わたしたちは昨日の夜、寮の裏庭で、密かに誓い合いました。引き合うように触れ合った肌、草と土の匂い、星よりも近く、彼女の目。あの言葉は、たしかに嘘偽りないものでした。まだ半分微睡んでいた彼女の蕩けるような微笑みと、昨日とは違う「おはよう」がこわくて、半ば奪い取るように寝間着を剥いで、わたしは出てきてしまったのです。ああ、このようなこと、お母様への手紙にはとても書けません。昨晩の記憶、この胸から溢れ出づるあまく痛いもの、わたしはその名を知りません。まだ乾かない彼女の寝間着、眩しいほどの白さ。それは目を閉じても瞼の裏にするりと滑りこみ、わたしの醜いこころに、ひどく優しく触れてくるのです。

全寮制女子音楽学校の生徒たるわたしは、なぜか今、外にいるのです。というのも、ルームメイトが突然、星を見たいと言い出したからなのです。幸か不幸かわたしたちの部屋は1階で、庭に面していますので、寝間着のまま、そうっと窓から出てきたのです。裸足に上履きを履いて、他の窓から見えないように、わたしたちは1匹の黒猫みたいにくっついて丸まって、寮の裏庭まで歩いてきました。見つかったら、ずいぶん怒られるでしょうね。彼女が笑います。貴女が言い出したのでしょう!と言おうとした唇が、優しく塞がれます。大きな声を出しては、誰かに聞こえるわ。草の上に仰向けになると、星がこちらを見ています。柔らかな薄茶の髪に首や胸元のあたりをくすぐられ、わたしはすこし身をかたくしました。明日の朝は、土で汚れた寝間着を洗わなくてはなりません。誰にも見つからないように。誰にも、見つからない、ように。

Show older
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)