志望通り技術者として働くことが出来るのは大変嬉しいことですね。応援してくださった皆様には感謝の思いでいっぱいです。

マストドンをやってないうちに就職が決まり、大学院修了も間近に迫り、来春からは某大手メーカーでエンジニアとして働くことに決まりました。関東勤務なので毎日が充実しそうですね。

気づいたら学会まで一週間だし、俺は童貞だし、毎日精液を便所に垂れ流しているし、床オナ派だし、もう生きていく術がない。

【マストドン昔話・ガイジ山の害児くん】
昔、あるところに明らかに障害なオタク在り。このガイジは色々な地下アイドルに1週間周期でガチ恋をするので、方々で悪評が立ち、嫌われていた。自分の糞便を混入した手作り弁当(粗末な使い捨て容器入り)を地下アイドルに手渡しした際にはあわや警察沙汰といった有り様だったが、何とか此処まで検挙されずやり過ごして来た。ガイジの本業は大手メーカーのシステムエンジニアで、男子校から電通大へ進学とあっては、気色悪い地下アイドルガチ勢と化すのも仕方のない事だろう。
ある時、ガチ恋している地下アイドル(28)が泣かず飛ばずでコスプレイヤーに鞍替えしたので、これ幸いとガイジは自慢の一眼レフカメラで撮影がてらアイドル(28)を強姦することにした。まず撮影の並び列で我慢ならず射精したガイジは順番が来ると直ぐ様精液まみれの手でアイドル(28)と握手。当日鼻炎だったガイジはくしゃみをしてアイドル(28)の顔面にハナクソまみれの鼻水を吹き掛けると、これを良いことにアイドルの顔面についたハナクソを丁寧な舌遣いで舐めとるファインプレーを見せ、陰茎を露出した所で駆けつけた警官に射殺された。

【マストドン昔話・量子論的大便】再放送
マストドン原住民の中には理系大学に通う人間も多い。ある原住民は大学で応用物理学を専攻していたので、今日もいそいそと新たな実験に取り掛かった。
彼の新たな研究は二重スリット実験である。これはシュレーディンガーの猫の亜種で、猫を二重スリットに衝突させると衝撃で猫が死ぬときと死なない時があるので、死んでいる猫と死んでいない猫が分裂して二匹の状態になるという実験だ。
原住民はこの二重スリット実験を自らの大便を用いて行う事とした。大便は原住民が手で投げつけるとし、速度は20 m/sに固定。大便を飛沫状に飛散すると仮定すると一つの飛沫を1.0*10^-9 kg、プランク定数は6.626*10^-34 J・sである。原住民は直ちに大便のドブロイ波長λを概ね3.3*10^-26 mであると算出した。これを用いて二重スリット実験が行えると確信した原住民はすぐさま脱糞、近頃痔が酷いので血塗れになった下痢便を二重スリットに向けて投射した所、スリットの向こう側に観測機として置いたツイッター難民お気に入りのGAPのTシャツにべチャッとウンコが付き、実験は無事成功となった。

【マストドン昔話・メンヘラ殺害太郎】
メンヘラ殺害太郎はマストドンに住む(実際の住所は広島県広島市中区江波西1丁目33-8 エルピアド江波203号室)専門学校の学生。今日もメンヘラの好きそうなマッシュルームヘアを目のあたりまで垂らして物憂げな顔で街を歩く。メンヘラ殺害太郎はメンヘラが好きなちょっとダボダボで微妙な色の服にスカーフっぽい謎の布を首回りに巻いている。この謎の布が実は釣り針なのだ。メンヘラはこの布の先端に付いたマイメロディのストラップを見つけると駆け寄って交尾を求めるので、これを補食するのである。
今日のメンヘラはボサボサ黒髪パッツンであったので、これは明らかにアニオタであると確信したメンヘラ殺害太郎は
「アニメイトに行こうよ」
とメンヘラを誘導して廃棄物処理場(メンヘラは頭が弱いのでアニメイトと廃棄物処理場の区別が付かない)まで二人っきりのデートを完遂。
「あのゴミとか凄く君に似合うよ」
などと甘い言葉を囁いたメンヘラ殺害太郎はそのままゴミ山の中で青姦を開始。乱暴なピストンと首絞めの効果でメンヘラは号泣しながらも連続アクメ。しかし首を絞めすぎて窒息、その後まもなく死亡した。

【マストドン昔話・ツイッター難民と子宮口】
ツイッター難民は何故か徒党を組みたがる。あるツイッター難民の「えしあ」という21歳の関西大学在学中の男はマストドンに来てまでえしあ団という団体を作り、専属絵師、専属コスプレイヤー、専属セフレなどを作って偉そうに振る舞っていた。このおぞましい団体に颯爽と現れたのが中卒無職のマストドン原住民。まず、原住民はえしあ団に入って幹部の座を得ると、専属セフレを釜ヶ崎の三角公園に呼び出して強姦、首絞めによって信頼を勝ち得た。更に専属コスプレイヤーを呼び出してこれを刺殺、腹部を切開し子宮を摘出すると、専属絵師を呼び出してこの子宮をデッサンさせる等やりたい放題。原住民は殺害した専属コスプレイヤーのアカウントで団員を扇動し、議会制民主主義に範を取った採決を行うと、えしあ団の運営に関する全権を掌握し「子宮舐め舐め団」に改名。団員のアイコンを殺害したレイヤーの子宮にする事を強制した。激怒したえしあが原住民の自宅に押し掛けると、原住民は堂々たる立ち振舞いで肛門を見せつけ、放屁。辺りにはプゥ~~、という気の抜けた音と共に激臭が蔓延。えしあと周辺住民50名が無事即死した。

【マストドン昔話・量子論的大便】
マストドン原住民のなかには理系大学に通う人間も多い。ある原住民は大学で応用物理学を専攻していたので、今日もいそいそと新たな実験に取り掛かった。
原住民の新たな研究は二重スリット実験である。これはシュレーディンガーの猫の亜種で、猫を二重スリットに衝突させると衝撃で猫が死ぬときと死なない時があるので、死んでいる猫と死んでいない猫が分裂して二匹の状態になるという実験だ。
原住民はこの二重スリット実験を自らの大便を用いて行う事とした。大便は原住民が手で投げつけるとし、速度は20 m/sに固定。大便を飛沫状に飛散すると仮定すると一つの飛沫を1.0*10^-9 kg、プランク定数は6.626*10^-34 J・sである。原住民は直ちに大便のドブロイ波長λを概ね3.3*10^-26 mであると算出した。これを用いて二重スリット実験が行えると確信した原住民はすぐさま脱糞、近頃痔が酷いので血塗れになった下痢便を二重スリットに向けて投射した所、スリットの向こう側に観測機として置いたツイッター難民お気に入りのGAPのTシャツにべチャッとウンコが付き、実験は無事成功となった。

うんこうんこうんこ!!!!!!!!

気づいたら学会まで一週間だし、俺は童貞だし、毎日精液を便所に垂れ流しているし、床オナ派だし、もう生きていく術がない。

ウンコ漏れた!!!!!!!!

その辺の話、疎すぎてガイジみのある発言しか出来ない

でも普通にC言語でやるみたいな気分で居たので、確かにソフトウェアなりライブラリなり使うという可能性は考えていこう。

言語変えるって発想は無かった

結果はツイッパリもマストドンも共倒れという悲しいアレなので

盆暗が勉強しなかったら更に愚鈍になるのは当たり前なのだが、たいして勉強したくもないのに大学に入ってしまった。

ゲイセクシャルのお方ですか?

Show older
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)