Follow

町田康「餓鬼道巡行」読了。なんというか、町田康の小説は恐らく話の筋というものを殆ど決めずに書き始めているものが多く、これもその一つだと思うんだけど、小説としての筋や構成はそういう理論に詳しくない俺でも上手くないと思う。もはや彼の独特の文体(と思考法)のみを推進力に書かれたような小説。笑える場所もあるけど、冗長で読んでいて辛い部分も結構ある。

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)