Pinned toot

当アカウントは二次元美少女の豊かな裸足表現を応援しています。
I love 2D girls' feet acting so delicately and emotionally. If you love them too, please follow me!

『色づく世界の明日から』11話。取って付けたように話が畳まれる感が少しありますが、許容範囲内かなと思います。唯翔との関係を非常に淡いものにしたのも好印象。ただ、全部視聴を終えたときに意外と何も残らないかも、という予感もあります。そういうお話の作りだったなと。

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』11話。映像にすると戦闘の展開に少しアラが見えなくもないわけですが、その気になれば十分面白いのでOKです。このへんはまだ原作の記憶があるところ。その貯金がなくなってからが本格的に楽しみです。

『閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-』10話。ロリキャラ(少なくとも見た目は)の乳首は、この世知辛い昨今、攻めてるなあと思いました。

『うちのメイドがウザすぎる!』11話。このサブタイで森川さんが来た時点で抱いた予感どおりの展開に。瞬時の判断で肩代わりする鴨居さんはかっこよかったですが、次回の予定調和があらかた見えてしまっているので、そういう意味で緊張感はないかなあ。まあ楽しく待ちます。

『となりの吸血鬼さん』11話。片付け回と風邪回。どちらも絵的には美味しいものは描かれにくい内容でしたが、この作品に求めるまったり感はいつも通り摂取できました。

11話。さくらの過去を「たかがそれだけのこと」と感じてしまうか、乗ることができるか、人によって分かれるところでしょうね。巽の素性に関する情報、今回のアレだけで終わると個人的にはかっこいいなと思いますが、これも意見が二分しそう。何にせよラスト楽しみです。

『ソラとウミのアイダ』11話。クライマックスに向けていろんなものを綺麗に整えたのと引き換えに、いろんなものが「結局軽かった」ことになったという印象を受けました。まあ、ここまで観てきて、そういう処理の仕方はこちらも折り込み済みではありましたが。

某ラノベ新人賞に応募した裸足フェチ小説、いちばん激しいところをちょっと読み返してみたら、上手い下手以前に同好の士以外を完全に置き捨ててました。よくこれ送ったなあ自分。

『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』9話。とにかく作画に気持ちを乱されまして…。たまーに「ここはOKかも」と思えるカットがあるというきつい状況下、半分オーディオドラマ風に視聴しておりました。原作者さん泣いているのでは。

23話。前半、利根川のモノローグからすると、高校は進学校ではなかったっぽいのが意外な気がしました。後半、オフですら絡みにくる宮本さんが良かったです。しかし風邪が一晩で回復することって本当にあり得るんだろうか、とこの種の描写を見るたびに疑問に。

『転生したらスライムだった件』11話。増えたキャラが皆ちゃんと活き活きと機能しているのは良いですね。ゴブタまでしっかり強くなっているのは実にこの作品らしいと思いました。終始このへんの気持ちよさ重視。

11話。なんか、短い尺の中で、面倒臭い問題を強引に持ち出して、それに強引な答を出して「とにかく進めた」感を出すあたりに少々ついていけなかったのですが、ちょっと尊いシーンもあり、そのへんは堪能しました。

10話。「本編」のない回。個人的には待っておりました。昔のオタク友達に会うネタが面白かったです。

『RELEASE THE SPYCE』10話。あー、命だったかー、という感じですね。ズバリ当てたわけではありませんが、4話を観たときに少し「逆にここかも」とは思った覚えが。今回は隙間なく楽しめました。

『ゴブリンスレイヤー』10話。日常回でも戦闘回でも、基本的に面白さの種類が同じ、というのがこの作品の特徴であるように思います。キャラのやり取りが武器だから、何が行われていても面白くなるんですよね。そうなるための構成もたぶん相当頑張ったのだろうなあ。

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』10話。個人的に毎度どうしても解決のターンに深く入り込めないのですが、演出が正しいので全体としてはとても楽しみに観ているという状態です。

小説執筆に関して「キャラの履歴書を作るようにしたけど時間ばかりかかるようになって成果は全然出ていない」と先日愚痴りましたが、履歴書の内容を全面的に見直すべきかなという風に今は考えています。これまでは「いわゆる履歴書」+αだったのですが、もっと「人間性に寄った」記述を増やそうかなと。

「知らないことを知る」ことはできるのだけど、全体的な意味で「スキルを上げる」ことができないのが近年の悩み。それが一番出ているのが小説で、いったいどうすれば「上手くなる」のかさっぱりわからない状態です。初めて書いた長編小説と、最新の小説のレベルが多分まったく変わってない。

『色づく世界の明日から』10話。ふんわりとした進行ですが、色恋沙汰に傾倒するよりはずっと好きな部類です。要するのが難しい作品ですが、そういうの基本的に好み。そういえば1クールなのか2クールなのか考えたことなかったですが、どっちなのでしょう(と言いつつあえて調べない)。

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』10話。進むにつれだんだん原作の記憶が不鮮明になっていくのですが、これたぶん色々な情報をかなり前倒ししていますよね。暗殺チームの顔ぶれとか。結構気を使っているなあと。あとホルマジオの戦いながらの解説、ご苦労さまという感じです。

Show more
mstdn.jp

メンテナンスの影響により、タイムラインの表示が前後する場合があります。処理が追いつくまで今しばらくおまちください。

過去に投稿された画像のデータ移行を実施しています。移行が完了するまでの間、一部の画像は表示できません。