ベルク店長の祖父がすごい人物だと知り、これは永遠に戦いは終わらないなと思いました。

田舎者相手には1回だけ楽しませればよい。

こないだ、大久保にある「味のないおでん」の話になって、イギリスみたいに自分で味付け足す方式なんじゃないのって言って、それっておでんというのか?ただのポトフでは?ってなって笑った。

新校舎バリバリ増やしてるからなあ。それに伴って偏差値もうなぎのぼりだって聴いた。やっぱりいい環境の学校はいいものです。

雨で途中で中止になった模様。静かで寂しいw

運動会決行の模様
音大私学の幼小中高大なので、しょっちゅう何かしらのイベントやってる。楽しそうでいいけどw

セブンよく出来てる
クックオブザ・ハウス
ビートルズを六区にした

バイオリン小僧はピアノ先生と組んでから、有名カフェだの観光地だので演奏バリバリやってるが「上手くは」なったんですかね。それこそ「長崎こんなレベル?」って外から来た人に言われんようにねと思うが(私がミックスした仕事の曲に文句言ってた団塊ミュージシャン氏のせりふ)。

毎日つらい…。いろんなでかいイベント終わってホッとして、2年分どっと来てる。

非公開時の投稿は、その後、鍵はずしても見えないままなんだな。すばらしい。

ももさと企画もポシャったしなあ。まああれは関わらなくてよかった案件かもだけど、ヨサゲなコラボだったからやってみたかった。残念だった。

そんななかで、便利屋にされかかった事件とかが起こったりしたんだから、もうとことん闇落ちみたいな感じよね。自分が弱ってるから祟られるみたいなw

他にも2年ぶりの再会が2名くらいいて、いずれも自分が会う気になれなかった関係者だった。ともかく一旦チャラにしたかった。という感じだったんやろなあ。

こないだ作曲家の友人を渋谷に呼んで、2年ぶりの再会をしたんだけど、もうともかく、この2年はそれまでの知り合いとかにまったく会いたくなかったんだって説明した。

それに今回は第三者(運営P)がいた話やしなあ。
どんなにそれに満足してなくても、それが運営である以上、言うことは聴くしかないではないか。そうでなかったら、自分でアイドル立ち上げろや!って話ではない?

公私混同…ね。
私、女子歌手とかアーティストのコラボで、その相手が私的関係でもあった、みたいのは経験ありますけど、こういった「ビジネス上で」関係があったというのは初の経験で、その難しさたるやと思いましたね。
少なくともそんな相手、恋人足りえないです。破綻はそこからです。無理なんですよ。

ミルクの最初の3年間、プロモートシてくれたのは感謝しますけども、楽曲的にもグループ的にも完成したのは、そのあとなんです。私たちは「コレが本当のミルク」って思ってる。そう思えることだけが救いです。今のメンバー本当に好きだから。当時と違うんです。

そうやって3年間、振り回され続けたのです。

補足しておきますと、「単なる男女交際」としては、とても楽しかったのです。
ただそうやって、常に仕事に口出しされ、それに振り回されたことが大変問題なのです。

いやそれでも別に構わないのですけど、でもそれを言ってるのは運営Pはなく、赤の他人の彼女なのです。

実際彼女は、じゃあ関さんとかそういう人にやってもらおう、などと言ったのです。ありえないです。

もっと見る
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.