matsuu✅ さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

matsuu✅ @matsuu@mstdn.jp

ほう。面白くなるかも / publickey1.jp/blog/18/blazorwe マイクロソフトの実験的プロダクト「Blazor」、WebAssemblyで.NETランタイムを実装。WebブラウザでC#など.NETアセンブリをそのまま実行可能に - Publickey

日本語記事きてた / mag.osdn.jp/18/06/18/180000 高速なC++コンパイラ「Zapcc」のソースコードが公開される | OSDN Magazine

日本語記事あった / atmarkit.co.jp/ait/articles/17 Keycloak超入門(1):マイクロサービス時代のSSOを実現する「Keycloak」とは - @IT

KeycloakはIAMを実現するオープンソース。ほう初耳 / secureoss-sig.connpass.com/eve OSSセキュリティ技術の会 第三回勉強会 - connpass

何の意味があるのか理解してなかったけど、なるほど分かりやすい / qiita.com/herumi/items/d8645ef 準同型暗号の最前線1(入門編)

いままで¥ / qiita.com/herumi/items/d8645ef 準同型暗号の最前線1(入門編)

Swooleの英語ページこれか。本家は中国語 / swoole.co.uk/ Swoole - PHP asynchronous programming framework | Swoole

ほうswooleか / speakerdeck.com/uzulla/zui-jin 最近メールフォームかいてないメールフォーマーによる、ちょっとだけ変わった一応PHPのメールフォーム(?)のお話 〜副題 最近swooleがたのしいです〜 - Speaker Deck

NSA! NSA! NSA! / github.com/NationalSecurityAge GitHub - NationalSecurityAgency/lemongraph: Log-based transactional graph engine

わいわい / koni.hateblo.jp/entry/2016/01/ Google App Engineを無料で運用する方法(2018年版) - koni blog

いいな。やりたい。ハンズオン資料公開しないかな / aws.amazon.com/jp/blogs/news/2 【開催報告】AWS Data Lake ハンズオンセミナー (+個別案件相談会) | Amazon Web Services ブログ

bundler/inline知らなかった。これってもしかして実行時に毎回ダウンロード? / qiita.com/takahashim/items/c7b gem install・bundle installなしでgemを使ったスクリプトを実行する方法

メモ / yakst.com/ja/posts/5174 VACUUMがdead rowsを削除しない3つの理由(Cybertec Blogより) | Yakst

やっていき / aws.amazon.com/jp/blogs/news/w [AWS Black Belt Online Seminar] Amazon GuardDuty 資料及び QA 公開 | Amazon Web Services ブログ

「アンチウィルスソフトとしてCylance PROTECTを採用」ほう。初耳 / techlife.cookpad.com/entry/201 オフィス・AWS環境をセキュリティ監視するためのログ収集 - クックパッド開発者ブログ

ふむ。概ね同意なんだが、AWS WAF マネージドルール、提供元は本気でコミットするつもりなんだろうか。本気でやるならEC2でやってねというスタンスなのではと疑ってる。 / aws.amazon.com/jp/blogs/news/w [AWS Black Belt Online Seminar] 失敗例を成功に変える AWS アンチパターン 資料及び QA 公開 | Amazon Web Services ブログ

internal ALBからS3 endpointにリバースプロキシできないかな。それができれば冗長化構成でさらに良さそう。 / dev.classmethod.jp/cloud/s3-we オフィスのみからS3へHTTPSアクセスする | Developers.IO

日本語表記では「保護されていません」となる予定。確かにhttpsとhttpって見た目で区別つきにくいからscheme表示はいらないかなと思えてきた。 / developers-jp.googleblog.com/2 Google Developers Japan: Chrome の進化するセキュリティ インジケーター