9/7〜9/8のアメリカ、
偏西風の強烈な蛇行により、30℃超の夏から一気に へ。
8日午後には前日同時刻比で30℃以上気温が低下、体感温度はもっと低下。

今日も落雷やら突風やら色々とありました。
関東も雷雨だったようですね。今も成田を発った飛行機が、落雷による機体不具合で引き返すために沖でぐるぐるしています。

関東では激しい になった所がありました。日中の高温と気圧の谷が重なったようで、大荒れ、冠水となった所もありました。皆様大丈夫だったでしょうか。
添付のデータは入間 (埼玉県) と羽田の午後のデータです。どちらも雨の後に冷たく乾燥した空気が入った様子が分かります。

上空に寒気を伴った渦が来ており、地上でも が発達、各地で となっています。各空港でもガストを伴った強風が吹いていますね。この後も強い雨や強風、雷や突風などについて気象台などの出す情報にご注意ください。

天気だけではなく色々と大変な状況ですが、皆様自分と周囲の人の両方を大事にお過ごしください。

おお、 のサイパン便がサイパン島の近くから AIREP を送ってきているではないですか。復路便なので2区間目ですが、復路初便ではあります。
送ってきているのは 38,000ft 付近の温度と風ですね。

のデータ。雨上がり、極端ではないですが気温が下がって…という典型的な形ですね。

横着して、 の METAR と TAF をそのまま投げておきます (TAF は現地時刻が括弧書きで挿入してありますけれど)。
8時頃から改善し、その後10時までに完全に晴れる予想のようです。

お、石垣レーダーが復活しましたね。回線断によるもので、停止時間は12時間強。
画像は昨夜停止した頃のレーダー画像 (出典: 気象庁Webサイト)。かなり荒れたときに切れてしまったことが分かります。他の情報を算出する材料の1つでもあるため、そちらの精度にも影響しました。


レーダー画像で見ると、発達した帯状の雲が何本も見えますね。全般に大雨や強風に注意が必要な状況ですが、この帯状の雲の部分では特に激しい雨や突風に注意が必要でしょう。
画像出典:気象庁Webサイト

接近前後の、
観測史上最大を軒並み更新したのも頷ける、台風が多い地域に来るようなものがまともにやってきてしまった台風でした。
被害に遭った方に心よりお見舞い申し上げると共に、1日も早く元の生活に戻れる事を願っています。

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)