いまふっと思ったんだけど、

「ここはとあるレストラン」→「ここは屠《と》あるレストラン」

「ナポリタン」→「菜+ポリタン(ポリス市民=都会人/ラテン語)」 もしくは 「薙(なぎなたのナ)+ポリタン(前述)」

ということで、男は最初に食べたナポリタンが塩漬け人肉パスタ(毒入り)で、このあと自分が同じ運命にあることを悟ったってことじゃなかろうか。
でも、2回目に普通のナポリタンを食わす意味がないし、男が真相に気づくきっかけもないから、やっぱダメか。

仮に自分の解釈が正解だったら、全身全力で
「問題がクソ」
とののしるわ。

ケチャップ味のスパゲッティをナポリタン(ナポリ風)と呼ぶのは日本独自の文化だったはず。なので、英語の原文を読むとナポリタンは隠語でかくされた意味が説は間違いだと思う。
これは日本で作られた問題と思われ。
ただ、正解が出ないものを楽しんでもらう目的で作られた問題、という可能性もあるのよな。「赤い洗面器の男」みたいな。ウィキペだと「赤い洗面器の男」にはオチがある、と三谷幸喜は語ったとあるけど、信じていいかどうかは別問題。

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 10/22(火) 10:07頃より高いアクセス負荷が観測されており、サービスの運営に支障が出る状況のため、一部のアクセスを制限しておりましたが、制限を解除いたしました。(11/18更新)