昨日、国立の本田家住宅を見た帰りに通りすがった府中熊野神社古墳。こういうものがあると知らなかったので興奮した。

古墳の最後の形式、上円下方墳で、近現代の天皇家の御陵もこの形式。府中熊野神社古墳は葺石のあった上円下方墳としては古代最大。という回りくどい言い方をしてるのは、川越の方で、葺石はないけどもっと巨大なものが見つかっているからだそうで。
上円下方墳は中国的宇宙観に基づく形らしいけど、たしかに宇宙っぽさがあった。

資料館に申し込めばレプリカ石室内部を見学させてもらえる。解説はいろいろぶっちゃけてて面白いけど、くどくて長くもあった。

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 10/22(火) 10:07頃より高いアクセス負荷が観測されており、サービスの運営に支障が出る状況のため、一部のアクセスを制限しておりましたが、制限を解除いたしました。(11/18更新)