今週の疲れが栄養によって解消された。中央線沿線をもっと開拓せねば

本題に入る前の段階なんだけど... おサルでさえ政治が大好きだというのに、という気持ちで読んでいる。自分みたいなのは21世紀の東京じゃなかったら生きていけなかったな

アジア飯なんでも出します系の店で「ラオスの混ぜご飯」なるものを注文。お店の人に「混ぜて食べたほうがおいしいです」と言われたので混ぜて食べた。具が違うビビンバみたいな味。おまけでソムタムと杏仁豆腐まで出してもらっちゃった。ごちそうさま

旅の思い出には望月千緒さんの豆皿を買った。金沢駅ビル内のwonder spaceってところ。ほかにも金沢らしいかわいいものが売っていたよ

金沢おでんをがぶがぶ食べて新幹線に乗り込み帰ってきました。ごちそうさまでした

Show thread

ついに赤身肉が食べたくなり/胃も疲れてきたので肉うどんを食べて…(能登牛の切り落としなのでおいしい)

Show thread

石川旅最終日。せっかくなのででっかいイカを見てきた。テトラポットもイカ柄。隣の建物で能登のお土産を買ったりイカ漁の歴史を学べたりする。能登の港から出て北海道の海で採るんですって! わっしょい

津村記久子『やりなおし世界文学』を、既読の本の章だけ拾い読みしている。中島敦のところで突然火力が上がったので、つられて再読リストへ。敦が好きなのね伝わったよ

石川に戻り、能登の発酵食の宿ふらっとへ。なれ鮨とか、いしりとクリームのソースを添えたローズマリー風味のしいたけとか。ご馳走

Show thread

お昼は子持ち鮎です! 庄川は鮎の養殖が盛んなところらしい

Show thread

富山に立ち寄って砺波の散居村を見る。距離をおいて建つ家のひとつひとつが屋敷林に囲まれている。東京育ちの目には珍しくてたまらない

散居村ミュージアムでは、引退した大学教授がマイカーで周って撮りためた全国の屋敷林写真が展示されていた。渋い

Show thread

石川旅4日目の朝ご飯は東出珈琲店のプリン。地元の常連さんたちのおしゃべりを聞きながらコーヒーを飲んだ。

かっこいい本が届いた。600ページ超えなのは把握していたが2段組とはな… ふはは望むところだ

夜ご飯。お魚はいったん休みにして「鳥たけ」で焼き鳥。佇まいが西島秀俊な店主がストイックに鶏と野菜を焼きまくる。おいしかった。繁盛してほしい

Show thread

石川県の知識が『花の慶次』で止まっているので石川県立歴史博物館へ。ここ数年、旅先で歴史博物館とか郷土資料館とか行くのがマイブーム。どこもたいてい縄文時代から始まるんだけど、その地域の誇りが浮かび上がってくる。石川県の推しはやはり加賀藩だけど、お金のやりくりはたいへんだったみたい

Show thread

石川旅3日目。鈴木大拙館。鈴木大拙は、昭和の文士の随筆にときどき出てくる海外に禅を広めた人。お坊さんルックなのかと思ったら蝶ネクタイしてた。展示は控えめでゆったり考えながら見て回る構成になっている。定期的に池に波紋が起こり、白い壁に反射してゆらゆらする。谷口吉生設計

いつかに飲んだ常陸野ネストのノンアルビールもおいしかったので、置くお店が増えるといいな

どうしてもカリーヴルストが食べたくなって、ドイツのノンアルビールを頼んでみた。満足

1%未満ながらアルコールが入っているので、ふぁ〜ってなるわね

Show older
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)