この人生は社会に奉仕するためだけのものじゃないと思っていたが。

一体どれだけのコストを払って社会と距離を取ってるか知りもせずに役割を求められるとめちゃくちゃに腹が立つ

私なりのやり方であなたの血液をクレンジングしてあげよう

検定は時系列のデータで回帰をやったり、循環する度数のデータをそのまま角度データ向けなじゃない検定に突っ込んだりしてるのを見ると認識について尋ねます。

個体差や雌雄差なんて普通に考えても当然にあるもので、検出力を鋭敏にすれば検出できるんだけど、その検出力をどこまで鋭敏にするかで思考停止している人が多すぎて困る。手法っていうものは目的に応じて最適なものを選択しないといけないんですよ。

最後に一番厳しい補正をかけたものでは個体差と雌雄差は有意にならず、処理の有無だけが有意な差として検出できたわけだけど、今回の目的は処理による差を見ることだったのでこれで良かったけども、これがもし雌雄差を見ることを目的にしていたら一番厳しい手法を使っていたら違いの検出ができなかったので、なんだかなあって思うわけです。

次にあまり厳しくない補正をかけて補正なしよりは厳しく見てみたら今度はオスとメスの違いにも有意差が出て、これも雌雄差があるんだから差が出て当然なんだけど、処理の有無で差が出るという結果と混ざってしまって、あまり綺麗ではないわけです。

一番緩い補正なしでは個体ごとに有意差が出て、これは個体差があるんだから差が出るのは当然なんだけど、処理の有無で結果が出るかどうかという仮説に対しては何も言えないわけです。

生き物に処理をかけて各個体から反復してデータを取ったものをとりあえずで検定にぶち込んで多重比較の補正を厳しいものから緩めのものまでかけた結果、どれを選ぶかで有意である組み合わせが変わるという結果が出た。

データセットにいくつかの要素の影響がある場合、多重比較をして各種補正をすると検出される範囲が異なってくるということがあった。

検定の多重性、最近面倒な例を踏んだので簡単にお気持ち表明されると噛み付く

人々を焼いていたら焼いてないパーソンが失禁してた

みんなの大好きなムラに視察に行こうかと思ったけど、凍結されてるっぽいしスルー

ツイッター凍結されたらこっちのムラインスタンスに収容されればいいのに

えがお boosted

Androidのいろんな搭載センサの生の値をとるやつ、GoogleのScienceJournalがシンプルですき

サッカー選手と同じ飛行機に乗る羽目になってこいつらと同じ空気吸いたくないって騒ぎたくなった

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.