地震で山が崩れたのを見ると、ちょうど10年前に栗駒山系でおきた地震を思い出す。あの時も山が崩れた。ただあの時は震源が浅かったこともあって局所的に震度7を観測してた。今回の地震、揺れた範囲の割にはマグニチュードが低い。M7近くに修正されそうな気はする。

車vs電子基板 もっと見る

8月のまとめ もっと見る

そういえば、実家に乗り込まれた日に、夫婦でせっくすしたことないのかって相手の男の人から言われた。やった事ないって言った。童貞のくせに結婚しやがってって言われた。うん、間違ってはいないが。

ちなみに相手から誘われる事はなかった。あっちも今まで付き合った人はいなかったみたいだから、多分...
そういうのを離婚話する所で聞くんだなぁって思いながら聞き流してた。セクハラかなぁ。でももう関係ないから。

最近Twitterで生理の事が話題になっている。

本人は生理痛がひどいようで、毎月具合を悪くしている。結婚する前からそうだった。自分が生理に関する知識を何も持ってないという事もあってか、定期的に具合を悪くしている妻に無理に妊娠させて重い障害を負わせたら大変だと考え、子供を産むことは諦めていた。年齢ももうすぐ40。具合悪いような事がなかったら子供を産もうと思ったけど。
気になるのは、本人は子供を産みたいと言っているが、体調は大丈夫なのかという点。生理痛の程度で妊娠の可否を判断していいのか、知識が何もないので分からないが、子供のことをどうするか、二人で話し合いしないまま今に至った。自分の体は自分でしか管理できないのだから、子供を産みたいなら自分の体の事も教えて夫でも管理フォローできるようにしてほしかった。

それができないなら、夫婦ではいられない。

手紙が来た もっと見る

家に入るとはどういうことか。嫁に来た人はどうやって生きて来たか。
子供を産みつつ、姑と一緒に家を守りながら暮らして来た。仕事から帰ってきたら家事をして、子供の面倒を見てきた。姑は嫁が忙しい時は家事を分担しながら暮らしてきた。一緒に家を守ってきたわけである。
子供を産むためだけの結婚ではない。嫁いだ先の家を守る事も嫁入りした人の責務である。その家の長男と結婚したのであれば、姑と一緒に暮らす事は分かっているはず。

考えれば考えるほど、妻の考えていた事がよく分からない。これから先が不安だなんて、何で結婚した後に言ってきたのだろうか。自分は団地で育ったから同じように団地で暮らしたいなんて。実家はどうしようと考えていたのだろうか。家より子供にしか頭になかったのだろうか。妻を立てるのが夫の役目とは言われたけど、妻に合わせれば合わせる程、自分の考えている事が間違ってることになってしまう。自分が苦労する事になる。

同棲から結婚までの期間はとても短かった。数年かけてもいいから、相手の事をよく見ていればよかった。

夢の中で見た もっと見る

10年という月日 もっと見る

最近の家は もっと見る

新居出来て4日経過。

いいところ
家が新しい
お風呂、台所が新しい

悪い所
家具が揃ってない
ネット回線繋がってない

※引っ越ししてないだけ

お墓詣りに行ってきた もっと見る

お家は昨日引渡しが完了。去年末から色々トラブル、事件が起こりながらも無事に完成。
これまで住んでた家より少し狭くはなったものの、やはり新築はいい。 mstdn.jp/media/a9bdblvmdxAYcjp

話し合いをしたときの投稿を見直したが、絞め殺そうと思ったの件は書いてなかった。
4月に妻の実家に謝りに行った時の話だが、私がした事対して「絞め殺してやろうと思った」と言っていたのだ。それを6月の時に聞かされたのである。

その時は結納の時に同席して頂いた伯父さんがいたという事もあって、怒りを押し殺していたのかもしれない。それが6月に別れ話を切り出した事で爆発したという事になる。
相手は自分に対して僅かな望みを持っていて、自分は相手に対して僅かな望みを持っていたが、どちらも叶うことはなかった。家の事がなかったら今頃二人はどうしてたんだろう。まだアパート暮らしを続けてただろうか。それとも子供の事で揉めて別れることになったのだろうか。

自分が悪いのはある。相手にも悪い、直してほしかった所はある。いつ言っていたら、直ってたのだろうか。

首を絞められそうになった男は もっと見る

これからどうなっていくのだろう もっと見る

何かしら怪しい事は起きていた。

郵便物が勝手に止められていたのである。その申請をしたのは妻。申請したのは今月3日。郵便物が送れないという連絡が同居している姉にあって、郵便局に問い合わせたところ発覚。郵便物が溜まっているというが、勝手に持ち出されたりしていないだろうか。
ネットで調べたところ、不在届というものがあるらしい。最大1ヶ月の間、配達をしないというもの。世帯単位で止めることになるため、個人単位で止めることはできない。ただ、但し書きを見ると、
・自宅へ不在届受取通知書が配達される → 配達されず。どこに配達されたのか。
・期間中に在宅している事が分かればその地点で不在届は無効になり配達は再開 → 期間中毎日在宅していたにもかかわらず未だに配達されず
何故但し書きと違うことが起きているのだろうか。事実と違う事が起きている事に気付かなかったのだろうか、いや、昼と夜で車の数は違うから、気付かないはずはない。

あれから1カ月経つ。妻とは連絡もとってない。LINEも全通知を非表示にしている。
あっちから何か連絡がくるのかと思ってたが、何も来ない。このまま、今のままが、何も起こらなくていいようにも思える。何一つ解決してないけど、永遠の先延ばしだけど。

これからどうしたいか。どうもしたくない、何もしたくない。何年かかってもいいから、自然消滅でいい。
別れると言おうが、やり直したいと言おうが、簡単にはいかない。どっちにしたって問題は出てくる。現状を解決するために精神をすり減らしたくはない。もう自分の中では終わった話にしておきたい、もう考えたくないのである。

そうこうしているうちに、家はほぼ完成した。あとはいつ引き渡しになるか、無事に引き渡しができるのか。
途中まで家を建てるのに乗り気でなくなってたから、今の家より狭い変な家になってしまった。仕方ないけど、思っていたより早く出来上がった。個人的にはIoT機器を大量に付けたITハウスみたいなものを作りたい、監視カメラ付きとか。
ただ出来て最初にやるのは裏の駐車場作り。半分を自力でやる代わりに安くしてもらった。作る楽しさっていうのもアリかも。

今後、妻の実家へ行く事はないだろう。行った所で答えは変わらないし、余計に火に油をそそぎ、最悪自分の命の危険もある。
金曜の話し合い、たまたまファミレスだったから言葉だけで済んだのかもしれない。実家に行って話し合おうと思ってたが、そうしてたら無事に帰って来れなかったかもしれないし、この世に居なかったかもしれない。

明日から、今までとは違う日々が始まる。

もっと見る
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.