e3uematsu さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

e3uematsu @nozu6naka4@mstdn.jp

今後、妻の実家へ行く事はないだろう。行った所で答えは変わらないし、余計に火に油をそそぎ、最悪自分の命の危険もある。
金曜の話し合い、たまたまファミレスだったから言葉だけで済んだのかもしれない。実家に行って話し合おうと思ってたが、そうしてたら無事に帰って来れなかったかもしれないし、この世に居なかったかもしれない。

明日から、今までとは違う日々が始まる。

病院に行って見てもらったらよかったのに。そもそも毎月酷い生理痛の人が無事子供を産めるのだろうか。
そういう姿を見て、子供は産めないかもしれないと思うようになった。

あれから1日がたった。

妻にも聞きたいことはあった。入籍した頃に実家の近所に挨拶回りをした時、ゆくゆくは実家で暮らしますと言ってた。しかし、実際に実家に暮らしてみて、前より仕事場まで遠くなり、実家と仕事場の往復だけで疲れるという話をした。そして妻は自分の実家へ帰った。
分からないのは、実家暮らしになる事は当然通勤時間も長くなるという事を分かっていたのだろうか。妻は会社に近い所に住みたかったようだが、そういう希望を夫は叶えないといけないのだろうか。夫は、妻の言いなりにならないといけないのだろうか。 それと、結婚した直後は二人でアパート暮らししてたけど、いずれは実家暮らしする事になるのは分かっていたのだろうか。自分はそのつもりでいたし、妻からもそのつもりだと聞いていた。だから、家を建てるという話が出てきたと思う。

子供の話だが、本当に子供を産めるのだろうかという不安が自分にはあった。毎月、起きられない位の生理痛に悩まされているのに、病院に行くことをしなかった。

今年で34になる、頭の中はまだ大学生。好きになるとはどういうことか、結婚するとはどういうことか、保証人になるとはどういうことか、よく理解しないまま、歳だけが増えていく。
あなたが好きだ、幸せにしてあげる、頭でそう思っても、何一つ行動にすることができなかった。それが、妻を守ってあげられなかったという結果につながった。妻よりも自分の事を大事にした結果が、この結末を迎えた訳である。

子供を産みたい、妻の要望に応える事はできなかった。こんな半分子供みたいな出来損ないの人間の子孫なんて、なくてもいいのでは。自分は子供を産みたいという気がなかった。なのに何故結婚したんだろう。
妻に対する不安もあった。時々生理痛か何かで会社を休む時があった。でも自分はどう看病してあげたらいいか分からなかった。「今日は休んで」と声をかける事しかできなかった。今思えば、自分がした事でストレスになり、具合を悪くするようになったんだろうと思う。実家に帰った時、「無理しないで帰っておいで」と言われてたようである。それでも少しの望みを自分にかけていたんだと思う。本当に悪いことをした。

今週は疲れた。布団に入る

妻と別れる事にした。

もう、これ以外に選ぶ手段はなかったのである。できるなら、家は建てるが母が入院とかで家にいなくなった時点で二人で家に住む、それまではアパートで暮らす、そんな事を考えていた、夢見ていた。
家の話よりも前から、私は罪を繰り返していた。借金している事を隠した。結婚した時の年末に、妻を置いて一人で東京へ遊びに行った、日曜は勝手に出かけるを繰り返す、子供つくるの?と平然と妻に言う。家の話が来る前から私への不信感はあった。それに追い打ちをかけたのがこの家の話で、しかも説得に失敗した事を妻に言わなかった。言えなかった。できなかった、ごめんなさいという言葉を言う以外、今の自分には何もできなかったのである。
母は母で知らない間に勝手な事をしていた。実家に同居していた間、一度も家事を手伝わなかった事に憤慨していたためである。そして勝手に家の保証人にさせようとした。
別居していた4カ月、妻を病ませていた事も聞かされた。ただで済むとは思うなよと脅迫的注意を受けた。謝って済む問題でない事は分かっている。慰謝料だろう。それ以外にも? 命で償わされるのだろうか?

ホテルの同じ部屋にいる上司がマッサージ行こうと誘ってくる。拒否する。寝させて。

初海外は明日で終了。朝5時起きて8時の飛行機に乗る。

ホテルでもNHKが見れている。

初めての海外旅行というのに日本では昨日と今日となんかすごい事起きてんな。

e3uematsu さんがブースト

:kumitate: :starba: フォッカーさん、タイムアップになったので延長戦。の前にスタバに来ています。

朝は姉が姉の子供とケンカで始まり、通勤途中で猫を轢き、夜は妻の考え方に理解できず。そんな一日だった。

家を買いたいから暴走する母。しかし、お陰で自分が持っていた借金はほとんど消えたことになる。
売却阻止は、結局できなかった。

家を買いたくない妻。ずっと賃貸で住もうと考えているんだろうか。子供のためにお金を貯めているのはいいけれど、子供以外の事は、40になる人に考える余裕なんてないかもしれない。ただ、子供を産みたいなら、毎月襲ってくる生理痛や過剰なストレス溜め込みをなんとかしてほしい。子供を産んだあと耐えられるのかこっちが心配。

結婚したら実家で暮らすという事は話したはずなのに、何故今頃になって一緒に暮らしたくなくなったんだろう。確かに母と妻では色々合わないところはある。二人とも自分がやりたい方法でやろうとして、別れて暮らすことになった。
母には自分勝手に家を建てるとか言わないでほしかった。妻には色々な暮らし方、生活の方法がある事に気づいてほしかった。暴走を止められなかった、ちゃんと話し合いをしなかった自分にも責任がある。

こうなる事は、仕方のない事かもしれない。

アパートを引き払って実家に来て約3日。実家で一緒に暮らすと言ったはずの妻は、実家から職場まで遠いと言うようになった。その頃に妻のお母さんが救急搬送された事で妻は実家に帰りそのまま。
家づくりは母の強引な押し切りで建てることになった。結局、建つことになった。その事は妻には話してない。
一方、妻は自分と一緒に暮らす方法を考えているようだが、公営住宅に住もうとしている。個人的にあまり公営住宅に対して良いイメージがないのだが、妻は公営住宅で育った模様。気になって調べたら、公営住宅は収入が低くて普通のアパートが借りられない人に提供するのが主な目的。自分たちはフルタイムで働いているわけだから、公営住宅には入れないはずなのに、何故公営住宅にこだわるんだろうか。

何故だか知らないが、自分のやりたい方法でないと気が済まないというか、許せないようである。一方で気乗りしないものには無関心というか積極的ではない。好き嫌いがはっきりしている。
家賃と同じ金額を払い続けるなら、家を買ってその分を家のローンに当てればいいのに、そういうのも嫌っぽい。

いずれにしろ、自分の借金整理から始めないと。夜、銀行に行って相談。今借りているお金を把握。そしていくら返す必要があるか整理して借り換え実行。それが終わったら家のローンの相談ができると言われた。まずはそれからである。
ただ、家計画は多分失敗しそう。内容はどうであれ、二人が満足できる家は作れない。そもそも、この事で妻は母に不信感を持っていて話したくない。母も妻に不満を持っている。母が思っている「妻のため」が何もかも外れていて、妻の性格を悪く言う位に。別れなさいとでも言うんだろうか。ただ、別れても自分と母の二人では大金は借りられない。
結婚してから1年ちょっとの間アパートで二人暮ししてた。その間に何があったんだろうか。

ちなみに、先々週あたりに犬を飼いたいと言い出した。子犬かと思ったら、1歳の秋田犬。保健所で殺処分されてしまうらしい。ただ、63になる母が飼えるんだろうか。10年したら老人ホームに行くかもしれないというのに。自分は、大型犬を飼うつもりはない。

これは、母の精神的老化のはじまりなのだろうか。

自分の借金を隠し続けている事に怒っているのか
妻と借りれない事に苛立っているのか
売り渡した後に一緒に住めないと言った妻に苛立っているのか
妻の家族にこの事を話した事に怒っているのか

将来を思って家を建てたい母。将来を思ってまだ家を建てるべきでないという妻。将来は何とかなるだろうとよく考えてない自分。
途中から、二人の家だから二人で決めなさいと母は言ってきたが、その後も間取りを変えてと注文。そもそも妻は場所も含めて何もかも賛同できないから、家の計画には入りたくない、苦痛なわけである。
仕方なくハウスメーカーと相談には行ってるが、ハウスメーカーの人にも気の毒で仕方がない。

家を買うと決めたのは母。土地を決めたのは母と自分。お金の事とかをよく考えずに話に乗った自分。金銭面や将来を踏まえ全て考え直すべきと思ってる妻。
売主さんに違約金払って最初からやり直すべきか。別れたくない妻と別れるか。

家を建て替えるという話は、母が突然言い出した。理由は、間違ってはいない。
ただ、こんなに急に進めるなんて思ってもいなかったから、妻にも言ってなかった。悠長に考えてた裏で、母は手当たり次第展示場に行ったり土地探しをしたりして、年末から急に間取りの相談をし始めて、それに流された。
当然ローンを組まないといけないわけだが、その審査が通ってない中で土地の契約をしてした。そして家を手放す契約までした。してしまった。

金曜、妻を怒らせてしまった事を謝りに妻の実家へ。離婚届を突きつけられると思いきや、家の相談に乗ってもらった。家作りの考え方が母と何もかもが違う。
日曜、日中は自分と妻のほか、昔土地販売の仕事をしてた妻の伯父さんと一緒に土地探しをしたものの、いい土地は見つからず。
日中出かける前に妻の事を母に話した。そして夕方帰ってきたあと、母の様子がおかしい。口を聞いてくれなくなった。出かける前は、妻の事は聞いていたので、何か協力してくれるのかと思っていたが。

お家計画は頓挫しました。
妻から、建て替え計画にどうしても賛同できないと改めて意思表示。建て替え自体:望んでいない 場所:通勤距離が倍になるため賛同できず その他:賛同できないのに母が息子(自分)だけでなくパートの妻も保証人にして借りるよう迫る
一方で母は、三人で暮らすには狭い、家が古く冬寒い、近所と近すぎる、正面に住んでる人の駐車マナーに耐えられない のでどうしても買い換えたい。しかも先月末に売り渡しの契約を済ませてしまった。その夜、ローンの相談を銀行でするから、源泉徴収票を持ってきてと妻に言ったら、駄目ですと言われた。

母は、定年過ぎても働いてるのと、企業年金があるから一緒に払えるという計算らしい。ただ貯蓄はほぼないし、今の家のローンもある。
妻は、自分も保証人にならないと借りれないような買い物はするべきでないという考え。しかも自分の知らないところで勝手に進んだ計画に乗らされそうになってる。

昨日見たのは学生で一人暮らししてた夢。よく授業中の夢を見てうなされる事はあったが、アパートに帰るというのは初めて。バスに乗ってアパートに帰ってきたら高校の同級生がいてご飯分けてっていう所だった。ただ実際のところ高校の同級生は誰も同じ大学にいなかったし、同級生との接触は卒業以来一度もない。

21日午前3時53分、有名な俳優が突然他界した。同じ頃、義理の母が救急車で病院に運ばれた。
深夜3時頃に胸の閉塞感で目が覚めた母。過去にも何度かあったらしくしばらくじっとしていたが、30分たっても治らず、万一を考え自ら119に電話。
その頃、嫁の携帯が鳴る。映っていたのは義理の母の名前だが出たのは救急隊の女性。容体を聞かされ、未だ暗い道を走り病院へ。処置室には横になって点滴を打っている義理の母。脈が異常に速かったが薬で落ち着く。精密検査を受ける必要があるが、担当医が朝まで来ないこと、自力で歩くこともできるから一旦自宅に戻り、再度病院に行くことに。
診断結果は心房細動。いまのところ症状はひどくないようで、夕方家に行ったら普通に家事をしていた。ただ後日手術しないといけないとの事。
同じ頃、あの方は、義理のお母さんを守って、先立ってしまったんだろうか。症状といい、何かを感じた。

年明けから続いていたおうち購入計画は、度重なる毎週打ち合わせに懲りて2月は停滞。とある営業まんの早過ぎる&必死すぎる申し込みアピールで萎えた。もう一人の人はペースも含めて良かったのに金額面で折り合わず辞退。一方で、いまの家を売りに出したら予想以上に反応が来てしまった。早いうちに家の契約を進めたほうがいいのだろうか。そうなると妻の協力がいるんだが... 家が早く出来るか遅く出来るかは、妻次第。