愚痴に属することを書き残す。某カリ○シュのドラマCDと、そのシナリオを書いた『教授』レミ氏の話。

まぁ正直あの場にいる『教授』、S氏は作品をどんどん出してるし外部でも普通に名前のでる仕事をしている。一度しか来なかったゆず氏も作品は出してるしゲーム内で展示されてる。いや、それ当たり前だと思いますが、レミ氏はシナリオの教授とは言いながら作品は提示されていなかった。名前が出ない仕事しかしてないとか本人は言ってましたが。
これだけなら一般論で色々考えられるとは思う。例えば実績にエロとかあって全年齢で名乗れないとか、何らかの契約事情で普段の名前をよそで使えないとか。だけど、四年ぐらい活動していたんだから、例えばCF内で何か出すことは出来たはずですけど。何も出ない以上実力は測れず、ただ講義の内容とかへの違和感が出る。

典型はタイプの遅さで、原稿を手書きしているわけじゃあるまいし、仕事で使ってるであろう人が何故あそこまで遅いのか。スマホとかタブレットで来てるという話でも遅すぎる。

でもさ。どういうものを書くのか分からない以上は批評しにくいからね。

@r_cherrytown 私はれみぷろに憧れてカレッジ目指したと公言してます。教授としての高い実力は疑問視していたけど、書き手
仲間として話せる見識を信じてた。あるいは、考え方は違っても何か一つでも得るべきものはあると思ってた。

と言うより、疑いながらも信じたかった。色々気になるところがあっても、やっぱりこの辺はプロなんだな、と言えるものがあると思いたかった。そうじゃないとCFが寂しいし、私も空しいから。

で、そんな中でやっと初めてレミ氏のシナリオによるドラマCDが出ると。冬コミで売られたらしいけど感想は私の観測可能な範囲で一言も流れてこない。
偉そうな言い方をすればこう思ったのです。

これでも自分では見る目はあるつもりだから。
引導を渡そう。
やめとけと言われてもやりたかったと思い続けた自分の気持ちに、レミ氏の実力への疑問に、結論をつけよう。何の意味もない、馬鹿だと自分でも思うけど、全力で作品と向き合ってみよう。

ドラマCDは通販で買って、数時間かけて丹念に聞きました。
本当は自分が傲慢だと思い知らされてみたかった。 講義に出戻りも考えてた。だけど。
結果は寂しかった。

cherrytown
フォロー

@r_cherrytown 端的に言うと、上手い下手というよりプロとして有り得ないレベルの事項があった。例えばドラマCDで名前も呼ばない、話者が分からないとか。キャラの特徴を知ろうとした気配もないとか(Sきさんの標準語は本人の指示らしく、私はその指示を知って唖然としたけど)、あとあれだけ無茶苦茶な削りを要求していたレミ氏が恐ろしく冗長な話を書いてたとか。

物語を強引に辻褄を合わせることはある。ひどいなぁと思う作品もある。でも、その強引さすらない、根本的に破綻してるのを繕う気すらない。何故救世主なのかとか、救世主に何をさせようとしたのかとか。
あるいはドラマCDという媒体でどう描写をするのか。

時間がなかった、手を抜いた、そういう以前にシナリオの書き手としてプロどころかアマでも低い水準にあるのは明らかだった。

踏ん切りは付きました。このレベルで一方的に『教授』として上から語る人に関わる必要はないんだなと。振り回される必要はない、それは無駄だと。
それがコンテストの審査員をやっている現状にはCFへの絶望しかないけど。

@r_cherrytown 正直、疑問は一つに落ち着くのです。

プロと言うのはほぼ嘘でしょう。あの水準で、特に筆が速くもなく、プロの仕事ができる訳もない。あるとすれば何かの縁で一度誰かのゴーストをやらせてもらった、それも多分最終的に本来の書き手が大加筆した。本人の文章が売り物になったことはないと思います。
名前を出せる仕事はないと言いますが、多分プロとして何もしていない。一度でも商業でやってたら当然指摘されるべきレベルのことが出来てない。
あるいは講義の課題とかでも、書き手の立場にあれば当然意識すべき条件が意識されてない。

世の中には書き手はたくさんいます。CFのユーザーもレベル高い人は何人もいる。大学文芸部レベルでも大抵は彼女より上手い。何故、あんな人が『教授』として迎えられたのか、謎すぎるのです。別のプロからの紹介の可能性があるとしても、うーん。カレッジから、れみぷろから人が去っていった理由が分かったとしか。

一方では新人賞という私から見上げるようなレベル高い人が殴り合ってる世界があって、と思うとCFは本当にぬるま湯以下で。うーん。価値があるのかここ。

ログインして会話に参加
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.