Follow

わが国の経済・物価情勢と金融政策 ── 山梨県金融経済懇談会における挨拶要旨 ──
日本銀行政策委員会審議委員 原田 泰
boj.or.jp/announcements/press/

以前の審議委員のあいさつ原稿と比べると、図表が本文中に入るようになっていることもあり、見やすくなった。
原田委員の明確な文章(原田節)もあって、金融緩和のマクロ経済への効果がわかりやすく理解できるものになっていると思う。

雇用(正規と非正規)、自殺者数、出生数、財政、所得格差だけでなく、金融緩和の金融部門へのプラスの効果とか、資金需要の上昇とか。

「物価が順調に上昇していくためにはいくつかのハードルがあります。第1は、既に述べたような現在の景気状況の難しさです…第2は、消費増税です。増税が景気を後退させ、需要減が物価を引き下げる可能性があります…第3は、消費増税に関連しての物価下落です。消費増税とともに、教育無償化政策が行われます」

「消費増税とともに、教育無償化政策が行われ、後者は物価を直接低下させる要因です。しかし、私は、必ずしも悲観的には考えていません。と言いますのは、消費税率引き上げは増税ですが、教育無償化政策は減税のようなものだからです。景気に対して、増税は心配ですが、減税は良いことだからです。ただし、景気が悪化し、2%物価目標の長期的達成も困難になるようなことがあれば、躊躇なく金融緩和を強めることが必要と思っています」

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.