Follow

日本株急上昇!その「最大の要因」を掘り下げてみた(安達誠司) gendai.ismedia.jp/articles/-/5

「「今後も日銀による国債買い入れ額は減額していかざるを得ない」という見方が正しく、しかも、本当にマイナス金利政策の解除で金融機関の収益環境が改善し、金融システムが安定化するのであれば、今後の日米の金融政策の方向性は確かに「米国は緩和拡大、日本は緩和縮小」ということになる。
そして、「為替レートは2国の金融政策スタンスの違いによって決まる」というのが、為替レートの基本的なメカニズムであるとすれば、日米金融政策の方向性の違いは確かに円高ドル安要因となるはずである」

「日本の金融政策をどう考えるかだが、筆者は、為替レートと日本の金融政策の関係を考える場合には、「購買力平価」対比でみた実際のドル円レートの位置関係をみるのがよいと考えている」

「(日銀関係者は決して認めないが)筆者は、これは日銀が、ドル円レートが購買力平価に到達した段階で金融政策を引締め気味に転換していたためだ推測している」

「ドル円レートが1ドル=100円を割り込むような急激な円高に見舞われるとすれば、それは、日銀が現行の金融政策を大きく転換させるときということになる。
その可能性は政策の「決めごと」なので予想するのは難しいが、可能性としては低いのではなかろうか」

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 10/22(火) 10:07頃より高いアクセス負荷が観測されており、サービスの運営に支障が出る状況のため、CloudFlareのUnder Attack Modeを有効にして運用しております。 そのため、他のマストドンサーバーからのアクセス、並びに各種アプリからのご利用はできません。 ブラウザからご利用ください。