みゅしゃ。思ったより混んでなかった。

skame boosted

え、W3C 勧告になったの
---
"Yuta Okamotoさんのツイート: "例の PubSubHubbub が、いつの間にか WebSub とかいう名前に転生してて、つい三日前に W3C 勧告候補に昇格ですってよ。マジか…。 t.co/gir9zqj6Ag"" twitter.com/okapies/status/855

skame boosted

ブログを更新したのですが、正直なところ、マイクロソフトはなんでこの状態でリリースしたのかわからない....計算機に足し算と引き算しかないくらいのもどかしさ

Wunderlistにかわるマイクロソフト「To Do」が提供開始 lifehacking.jp/2017/04/microso mstdn.jp/media/8B2flPXHRCKTTxX

skame boosted

インスタンスを超えてフォロワーの数とか伝搬しないんだから、セルフブランディングとか気にしたりぜずに前のめりでやればいい

skame boosted

俺の自説は
「ユーザーに逮捕者が出たら、そのサービスはブレイクしてる」
なので、みんながんばってください。
slideshare.net/otsune/togetter

skame boosted

フォロワーに見たこともないインスタンス名の人が増えてきた感がある。いいぞいいぞ、分散こそ正義だ。

skame boosted

mstdn.jpにアカウントをとって「企業アカウント始めました」はダサい
d.hatena.ne.jp/shi3z/20170418/

skame boosted

自分のメールアドレス持つようにMastodonのサーバーあげるみたいなこと気軽に書いてるところあるけど、ぶっちゃけ今の実装はやりたいことに対してあまりにも要求リソースが多すぎで現実的じゃ無いよね(人的にもコンピュートリソース的にも)

ローカルTLも連合TLもなく、でもOStatus喋ってくれるクライアント兼サーバーを手元でダブルクリックひとつで立ち上げられるような実装がでてこないと厳しいと思う。

skame boosted

DNSはCloudFlare使うのが楽ちん。無料で使えるし、いざとなればCDNを有効に出来るし (これも無料プランあり)、IP anycast で良い感じにやってくれるので。ドメインの権威サーバとして使う必要がある (サブドメインを委譲する用途には使えない) 点には注意。

skame boosted
skame boosted

しかしいったんここまでくると,仮にあっという間にMastodon熱が冷めてしまっても,小さな集団で細々と使われ続けるインスタンスが世界のあちこちに残り続けるんだろうなあ.生きた化石.
この点は「何月何日でサービスをシャットダウンします!」で全て跡形も無くなる集中型/企業提供型とは全然様相が異なる.

skame boosted
http://alttw.home.js4.in はIPv6しか到達できないので日本のインターネット事情的に裏インスタンスとして活用できる可能性を秘めていますね
skame boosted

@skame おー.それって「しゃべる」のことですか? それともStatusNet使ってました?

最近,振り返って検索してると,「いわゆるTwitterクローン」→Yammer→Slackの巻き取られの流れは結構世界的一般的な流れなのかなー,と思ったりします.

skame boosted

「フランス人が連合タイムラインにあふれた時のことを思い出せ。今度は日本人だ」的トゥートを観測した。

skame boosted

ユーザ数を競うような話はOStatus的にはなんの意義もないので、とっとと健全に分散して欲しい。などとPawooから発言しても説得力ないけど。

skame boosted

おそらく世界中のインスタンス管理人がいま思っていること

skame boosted

@znt federation timeline は,あるインスタンスの中のユーザが remote follow している先のインスタンスのアカウントが流れてくる仕組みです。つまり,インスタンス内のユーザが remote follow をキメることで対象のアカウントの toot が全部こっちのインスタンスに流れてきて保存されるというわけです。

skame boosted
skame boosted

知ってる名前の人からフォローされたら無条件でフォローし返してるけど、本人かどうかまったく確認してない。
(.jpのhyukiが結城さんじゃないことはさっき知った)

Show older
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)