ツイッター上でRISC-V Day Tokyo 2019の出欠をしてるのだろうか。僕は行きません。中研が会場なのですね。1999年のICF3は僕の個人技で開発されたもので中研はサイドチャネルの評価をやったらしいという話は聞いてますが。開発中、中研の人間は見かけなかった。暗号装置だからということもありますが。

強いていえば僕が中研入社だったということか。😂

OpenICF3の派生があるのかといえば僕が知っている範囲ではないです。退職後、10年以上経って僕が発明したモンゴメリ乗算器がないのに派生しても秘密鍵を守れる価値しかないし僕を酷いリストラしておいて僕の個人技でできたICF3を派生できる人の神経が知りたいです。😡

openicf3.idletime.tokyo/

自作 8bit CPU ICF3-ZとWZetaを、もう一度、3日間(9月17日まで)、FPGAに実装したVerilogと開発環境を公開してみます。内容は前回と同じでβ版です。
icf3z.idletime.tokyo/download.
wzeta.idletime.tokyo/download.

MITのカーボンナノチューブの世界を見ているのですが、 

この8bit CPU WZetaは、これからICF3-Fの通信用に使う予定なので、公開できるのかは、わからないですが、実際に動きます。
スタックをソフトウェア実装することにすればメモリ部品が減るのでTTLでCPUを作るのにいいのかもと。僕はTTLでCPUを作った経験はないですけど。

自作 超軽量8bit CPUは、8bit演算レジスタ2個とスタックレジスタ1個でAES 256bitが演算できる。128本の8bitレジスタはデータメモリの先頭128バイトを使うので3本のレジスタで動作します。スタックをソフトウェア実装すれば何段もサブルーチンコール可能。仕様はdownload可能
wzeta.idletime.tokyo/

エネルギー効率10倍のMITのRISC-V、16bitレジスタ は4本のようです。新素材では、大きいプロセッサは、まだ難しい?
electronicsweekly.com/news/res

8bit CPU ICF3-Zの利点は、僕1人で開発したオリジナルで、大雑把に言うと、「この部分は〇〇〇に似ていてパクリっぽい」みたいな問題がないのが、商用に向いています。
icf3z.idletime.tokyo/

PC Watch記事(8/30)「
MIT、カーボンナノチューブ半導体で16bit RISC-Vプロセッサを作成」
pc.watch.impress.co.jp/docs/ne

ビジネス的に成功するか、わからないですけど。

従来のシリコンと比較してカーボンナノチューブは10倍のエネルギー効率らしいですから、それを鵜呑みして、電池で動作する組み込みに導入すれば、電池が長持ちで、既存の置き換えでもいいみたいな。

MITの16bit RISC-Vで動作するLinuxがあるのか、わからないですが、この際、Linuxでなくてもアセンブラで8bitのCPUを使って、商品の個数をいっぱい作れば、1個当たりのカーボンナノチューブチップの単価が安くなって、いいみたいな。

MITのRISC-V、16bit版だとコンパイラなどの開発環境があまり共通化できないような。 

誘導される方向と、逆方向が、正解と思う感覚があるので、必要な人は、ダイレクトメッセージとか、メールとかで。😀

EE Times の記事

MITがカーボンナノチューブトランジスタを使用した16ビットRISC-V MCUを開発。シリコンベースのMCUと比較して10倍のエネルギー効率を実現。

記事は英語
twitter.com/EDAExpress/status/

RSA Doubler、冗談っぽく言ったけどICカードの世界では2010年に1024bitが脆弱になる時に、1024bitのハードで2048bitが、できないか、研究とかもあった。
スレッドを流用する、このアーキテクチャ技術は、実現できるなら意味がある。なぜなら2048bitが脆弱になる2030年以降もRSAも楕円もOKだからだ

日記、書きました。「RSA Doublerと命名」
昔、RAM Doublerとか、あった、みたいな。それほど読む必要のない日記。
note.idletime.be/diary/201909.

日記、書きました。「僕が暗号装置を開発することになった経緯」
note.idletime.be/diary/201909.

朝日新聞(有料記事) 「脳内で思うだけで文字が打てる 夢の解読の先に待つ世界」
digital.asahi.com/articles/ASM

日記書きました。(非推奨)
「ICF3-F性能予測の8月27日版」
note.idletime.be/diary/201908.

日本の研究.com さん
「超低消費電力ストリームデータ圧縮技術のLSI実装に成功」

research-er.jp/articles/view/8

日記「 サバンチ大学の剰余乗算の論文の解析(4) 」
米アマゾンのFPGAコンテストに参加する人は念のため、読まないことをお薦め。
note.idletime.be/diary/201908.

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.