Pinned toot

ゴリゴリの差別者にも届かないし、俺にも届いていないなー。
ぶっちゃけ、世界人権宣言かなんかで言っているところの"差別"は個人ではできないのよね。だから、個人による差別的発言も差別的取扱いも"不当な差別"にはあたらない。たとえば、俺が「在日は出てけー!」とか言っても、俺なんかの発言に何の効力もなく、国による在留許可の方が権限が上なんだよ。言ってみれば、権限のある者にしか不当な差別そのものはできないのよ。だからなのか、国や地方自治体や企業に対してのみ差別的取扱いを禁じている。

すべての"差別"が悪かというと、そんなことはなく、差別化をして顧客から差別されるようにする企業戦略もある。柔道やレスリングの階級制は体重による差別だ(無差別級を除く)。

差別も差別的な何かもごっちゃにしている感傷的な人は多いよね。たとえば、「俺は君が嫌いだ。納豆臭いから」は無問題。当然、「俺は君が嫌いだ。朝鮮人だから」というのも何ら問題はないし、不当な差別ではない。少なくとも、誰かを嫌いになるのに、理由は何であってもいい。足が臭いから、でも。勿論、差別的な理由であってもいい。感傷的な奴はそれが理解できないらしい。

Pinned toot

差別ってナニ?と言われれば。

「アイツは被差別部落民だから(自分は)付き合いたくない」というのはセーフなのね。誰かを嫌ったり避けたりするのは如何なる理由であってもいいと思うのよ。それこそ、「納豆臭いから嫌い」もありだし、「被差別部落民だから嫌い」というのもあり。ただ、「アイツは被差別部落民だから、娘の婿にはさせないぞ」というのは差別なんだよ。つまりさ、自分が個人的に差別的な感情を抱くのは何ら問題ないんだよ。娘婿にはさせない、というのは、本来は両性の合意によってのみなされる結婚に口出ししているわけで、「俺はアイツら嫌いだからね!」と言ってる分にはいいんだけど、「だから、(身内や仲間に)お前らもヤツラを差別しろ」と言い出したら、そりゃあ、完璧な差別だよね。

Pinned toot

昔と今のネットの違いって人口の違いぐらいしかないんじゃないかな。今のネットの様々な問題も、個々の人間が処理能力を無視して大量のデータ、人と関わろうとするから起きることで、最初から自分の能力に合った、分際を弁えた行動を取っていれば起きないことだよね。 そりゃ、世の中には頭のおかしな奴が数%は確実にいるわけで、百万人いたら1%だとしても一万人の気狂いがいるわけじゃん。ニュースを賑わすバカッターとかストーカーもすべて合わせても一万人もいないじゃん。うまい具合に検索範囲を縮小させればたいがいの問題は回避できる。つーか、ネット切断しろよ。

Pinned toot

セクハラの定義は「(一定の関係性における)相手の意思に反して不快や不安な状態に追いこむ性的なことばや行為」となるけど、ある行為をセクハラだとするには、
●一定の関係性のある
●相手の意思に反して不快や不安な状態に追い込む
●言葉や行為である
となるけど、関係性については「主人公対女性キャラ」「作者対女性キャラ」「作者対女性読者」かな。読者は手出しできない傍観者だし、出版社は印刷して頒布してるだけだよな。どの関係性においてセクハラが行われたのだろうか。
作者やキャラと読者との関係性は、ジャンプを読まないことで簡単に解消できるんだよね。作者側と読者との間には一定の関係性はないよな。

作者側と女性キャラに絞ると、作者に絶対服従すべき存在がキャラで、キャラが作者に絶対服従させられることは物語を構成する上での条件だよな。しかも、人間ではない。女性キャラについては「恥じる表情」「嫌がる表情」をしているけど、キャラは作者の創造物だし、ぶっちゃけ人間じゃなく絵だし、人権すら存在しない。そもそも、合意も何も必要ない。作者が脱がせたいと思えば幾らでも法令や自主規制の範囲内で剥こうが殺そうが問題ない。

選挙で勝てるかどうかを考えた場合、ジジババに語りかける保守が強いのは納得なんだよな。革新候補って、頭のいい人も多いのだろうけど、自分たち世代より若い者に向けて語るよな。或いは、肝心の部分では「分かる人は分かる」と考えていそう。「分かる人にしか分からない」ということになるのな。
いや、ジジババを転がせる政治家が強いんだよなあ。と、オレオレ詐欺のシナリオ書いてる奴が選対にいたら強くなるかな?www

それくらいビジョンがなくても国会議員はやれるんだよね
国を動かすときに考えるのは官僚であって、決して国会議員が考えるものではない。高市早苗さんのような「勉強できる人」は思ったより少なくて、未だに国会は官僚政治が蔓延ってるんだよね
だから意思決定は遅いし、何につけても立場しか言わずに理由や論理的根拠を述べない人々が現れるし、そのような人々が何も考えずに委員会の進行を妨げてしまう
その間に意思決定のフローが定まっていて、なおかつ代議員の中に勉強できる人が多い国は、政策を早く打ち出し、その効果を検討してダメなら取り止めるという、スムーズな法律運用が行える訳なんだよね
ITや情報セキュリティなんかで日本は出遅れているけど、その原因は大きく意思決定の遅さ、議員の不勉強さにあると思うんだよね

吉本興業マネジメント会社だけどマネジメントというより名前だけ貸して芸人からマージン抜いてるだけの会社と思っている。交通費すら出ないらしいし。

お金が足りないなら刷ればいい。というようなことは麻生太郎が言っていた。

消費税増税反対なのは分かるけど、「じゃあ消費税を増税しないときに発生する不足はどうやって補うの?」という話をしたときに、現実的な回答ができる候補者はほとんどいないと思うよ

てかさ、なんで親って、土木の方、建築の方、電気設備の方を指さして「勉強しないとああなるのよ」なんていうの?

たぶん、ちゃんと報じないのは、アニメのスタジオだからだと思うなり。他の作家(映画監督とか小説家とか脚本家)の仕事場とか自宅が放火されて誰かが死んだら、きっと世間は大騒ぎだと思うなり。

京アニの事件、海外メディアの方がきちんと報じてる説(

影響力の強い人、影響力が強いからって理由で政治的な発言を自重すべきみたいな話があるけれど、それは、影響を受ける人の側の責任であって、発言する側の責任ではないはずだし、そもそも影響力が強いからといって政治的な発言が規制されることはあってはならないと思う。

ていうか、知り合いでもない他人が生きようが死のうがどうでもいい(そういう意味では、京アニの放火事件についても、「惜しい"才能"が失われた」とは思っても、故人の誰某に思い入れはない)ので、死刑もどうでもいい。罪人と社会を究極的に隔てるのが死刑だと考えるので、たとえば島流しとかでもいんじゃね?とか思うなり。可能なら月とか火星に流すとかでもいんじゃね的な。

死刑は犯罪の抑止にならないって研究があるし、今や他の先進国も死刑廃止の国の方が多くなっているけど、僕は死刑に快感を覚えるので支持する

とりあえず新橋の地に降り立ちました

テレビほとんど見ないから芸能人の謝罪会見とか特に興味ないな

第1〜3話
第3話まで視聴した上で、バカ(渾名である)の命名って巧いよな。当然ながらそれぞれのキャラに名前はあるのだけど、ヲタにしろロボにしろ、しっくりくる。あと、ワセダも。最早、名前思い出せなくなっている。
当のバカの渾名候補に挙がっていた"家族が裸族"って、電気グルーヴの「フェイクフーリガン」の歌詞にあったかな?と思って歌詞検索してみて、更に曲を聴いてみたのだけどなかったなあ。初出はなんだろう? 揶揄というかちょっとした悪意を込めた言い方として"家族が裸族"って昔からあったよね。ずっとこの曲とともに頭に残っていた。

第1話はバカの渾名付け。第2話はヲタの描くマンガの膝が曲がらない呪い。第3話はロリとお婆ちゃん。

この物語って、基本的にヲタ目線なんだな。

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.