USA皇帝ノートン2世うさうさ陛下 さんはインスタンス mstdn.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

USA皇帝ノートン2世うさうさ陛下 @usa@mstdn.jp

で、まあ、幾つかの推定を元に調べたところ、昭和11年9月1日時点で中尉だったのではないかと思われますが、別人かもしれません(ぉぃ

[陸軍 士官 名簿] [検索]
→ 国立国会図書館デジタルコレクション 陸軍現役将校同相当官実役停年名簿. 昭和11年9月1日調

母方の祖父の名は、戸籍事件の語りの中でディテールとして登場するので覚えている。

父方の祖父は会ったことないし墓石古くて読めないし位牌は戒名だし名前知らないの仕方ない(開き直り)。祖母は両方カタカナ2文字だったと思うけど、ええと……

みんな自分の祖父母の名前知ってるもんなのです? 4人のうち一人しかわかんないぞ……。

練兵教官だったので大東亜戦争には出征してない、という話を聞いた気もするけど本当かどうか知らない。

あ、別にネトウヨだから「大東亜戦争」って故障してる訳じゃなくて、視座の置き方によるものです。

なお階級は誰に聞いてもバラバラなことを言うので真相は不明です。

父方の祖父は陸軍将校で、戦前は馬に乗って従卒連れて家に帰ってきてたとかいう話ですが、戦後は公職追放されてさりとて気位が高くて私企業勤めもできず無駄に苦労したとのこと。ぼくは会ったことないのでどんだけ偏屈だったのかは知らないですが。

ついったーに書いた戸籍問題のとか満州で脱走したりしたのは母方の祖父れす。

父方祖父の遺品に謎の細いパイプ状のものがあり、なんじゃこらと心棒とおぼしきものを引っこ抜いたら軍帽につける前立(羽根飾り)で、羽根がぶわっと広がって戻せなくなったという昔話。

祖父が満州でシベリア行きの抑留列車から飛び降りて脱走した話くらいしかない。

美少女と仲良くなりたい人生だった。

そういえば、大正デモクラシーというけれど普通選挙法は大正14年なので実はもう大正ほぼ終わっちゃってるし、そしていざ普通選挙法が施行されたらあっという間に政党政治が劣化して全体主義に突き進むの、イイハナシダナーって思うの。

あと、書生、だいたい憲兵のスパイ。

……とかいうのが一般的な書生じゃなかったっけ。