Follow

『弘法筆を選ばず』っていうのはよく、プロは道具を選ばないという意味で用いられるけど、空海本人が言ったわけじゃないなら「ちょっとミスろうが素人にはどうせわからん」という意味でも使えるのでは?と思って調べてみたら、そもそもこの 『筆』っていうのは道具のことではなくて、書体のことでした。つまり、空海はいろいろな書体を使い分けられる (=いろいろな技法を持っている) というのが本来の意味で、さらに、空海は昇龍拳みたいな名前の作品集で『良工は先ずその刀を利くす、能書は必ず好筆を用う』という「プロは道具をちゃんと選ぶ」という言葉を残しているうえに、「いい筆がなくていい作品が書けなかった」という記述もあるので、総じて、「プロは違いがわかるのでちゃんと道具を選ぶけどどうせ一般人にはわからない」という使い方が正しいのだなと思いました。

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です.