Follow

個人的に「『インターネットはもともと戦争で使うことを目的に開発が始められた』のではない」と言い切るのは難しい。

確かに、喜多千草の「インターネットの思想史」P171にロバート・テイラーが「核戦争を避けるためのネットワークがインターネットの母胎になったという説が、いかにおいしい話であろうとも、当時のARPAネット計画責任者として、それは断じてなかった証言します」と書かれている。

しかし、脇英世 著「インターネットを創った人たち」のP133には「現場を切り回すテイラーがどう考えようと、米国軍部はARPAネットを核戦争用と考えていたことは間違いないのである。彼等の上官のジャック・ルイーナやチャールズ・ハーツフェルドのインタビューを通してみると、あくまで国防に凝り固まっている。(中略)彼等はリックライダーやロバーツやポール・バランとは全く違っているのだ」と書かれている。

結局は現場と上層部とは見解が違っていたのではないだろうか?

Sign in to participate in the conversation
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. よろしくお願いいたします。 (Maintained by Sujitech, LLC)