freeeの判決文よんだけど、裁判官も機械学習というバズワードに騙されてる感じ。控訴するべき。このまま引き下がってあの判決文だけ残ったらまじ中途半端に余計なことすんなって話でしかない。

「キーワードの優先ルール」を機械学習でつくってる場合も権利範囲に入るしな

クレーム上の「キーワードと勘定科目との対応づけ」を機械学習でやってる場合も今の権利範囲には入っているし、「対応テーブル」がいわゆるRDBのデータテーブル形式だけに限定していると読む必然性もない。訂正させないと非充足をいうのは困難な印象だし、そういう話までいってないで権利が無傷で残っているところはむしろ不気味

この会見、一方的にネガディブなことだけ並び立てているけどなんか変だよ。今の権利範囲はだだっ広いので、「GUIの入力と出力の画面キャプチャだけ」で充足をいうことはおそらく可能。「機械学習だから」「テーブルじゃない」はクレーム解釈上、まともな反論になってない。あれだけ優秀な人材揃えてるfreeeがただお粗末な訴訟やるとも思えないし、戦略のうちなんだろうなという印象。むしろマネーフォワードがテンパって余計な会見やってるようにもみえる。
japan.cnet.com/article/3510487

ファンクラブの会員権みたいなものとかいうけど、そうなの?ファンクラブって主役がいてファンがいるっていう主従関係だけど、会社と株主の関係でいうと株主の方が偉いわけじゃん。極端な話、なんとなくvalu始めてみました、っていう一般人のvaluを怖いおじさんがいきなり5000万円で買って、オラお前のvaluを5000万円で買ったんだ、なにか俺が喜ぶことをしろ、できないなら内臓売ってでも配当しろ。みたいにすごまれたとして、みんなスルーできんの?イケハヤとかはあちゅうとか、そのために時間かけることに意義のある人は揉めたら揉めたで時間かけて対処するんだろうけど。株取引ってのは、そういう極端なことができないように法整備でルール化されて緻密にできてるわけじゃん、よく知らないけど。そういうのすっとばしてああいう仕組みっていうのは、なんかすごく北斗の拳的世紀末でしかない気がするんだけど。

あと運営が広告会社なのも正直うさんくさいと思っている。

またはモモがいう時間どろぼう。banktimeなんかもろそれだよね。インターネットの先にみえたワクワクする未来って、そういう世界だったっけ?

清水さんもvalu支持を公に表明したのかー。うーん。あれって結局のところ人身売買なんじゃないかと思ってるんだけど。

毎朝の通勤電車で私立小学校の様々な制服を着た子どもたちをみかけるのだけど、その中に慶應幼稚舎の制服を着た群が毎朝いて、あぁこの子たちは全員が裕福で、ほとんど全員が将来も約束されたような状態なんだなあと思うと、ちょっと羨ましいような申し訳ないような、リトルハイチからジェンコインを思うロナルドデイシーのような複雑な気持ちになります

コンタドール、今年もツール出るのか。昨年が最後っていってなかったっけ?

カールとかたぶん10年以上食べてないし、どちらかというと「なんか口の中モホモホして食べにくいよね」くらいの感覚なので、販売中止といわれてもフーンという感想しかない

期限を守らないからイケてないのか、イケてないから期限を守らないのか。とにかく、期限を守らない弁理士はイケてない

私物をメルカリで売るのを「業として」っていえるのかな。いえない気がする

今回の場合は商売として(業として)たくさん売ってたみたいだし、本当に個人が単発で脱獄iphoneを売るのまで逮捕するというのは難しいと思う

あと、メルカリとかみると脱獄iphoneなんて普通に売られてる。root化したアンドロイド端末とかも普通に売られてる。あえて陰謀論的な見方をすれば国策としての最近のメルカリつぶしの一環とかいえなくもない

興味深いのは、刑事事件だってことだよね。アップルが訴えてるんじゃないわけだ

「なんでダメなの」的なコメントもチラチラみられるけど、知財専門家としてはマグアンプ事件とかがあるしまあ妥当な気がするというのが正直なところ

脱獄iphone販売で有罪の件は興味深いな。ブログにまとめて書いておきたいところ

小学生の時さー、たけやくんていう子がいたんだけど。そのお父さんがくにおっていう名前だったの。逆から読むと、おにくやけた、なんだよ。

Show more
mstdn.jp

Mastodon日本鯖です. 10/22(火) 10:07頃より高いアクセス負荷が観測されており、サービスの運営に支障が出る状況のため、一部のアクセスを制限しております。 そのため、一部の(マストドンを含む)分散型SNSサーバーからのアクセスを引き続き遮断しております。 (10/28更新)各種アプリからのアクセスの遮断については解除いたしました。